メニュー 閉じる

ちょっと重いですが

公開日 2012.02.15 (水) 最終更新日 2021.02.17 (水)

バレンタイン後になんか重い話題ですみませんが、ほんと人っていろんなイベントがたくさんあるなあと。

普段結婚式を日常のように見ているけれど、久しぶりに人の死に向き合いました。
これまでも何度か火葬、葬儀に参列しているけれど、つくづく火葬という行事は密だなあと。

病室で見た最後の姿から納棺、火葬。
故人の喉が乾かないようにと、火葬の間はずっとお供え物の水を交換し続けるという儀式。

以前カナダにいたとき(なんかカナダネタばっかだけど)、火葬について友人と話した記憶があります。
地域や宗教にもよるけれど、その人の所では土葬とのことで。
日本が遺骨を箸で拾うという風習があると言ったら、相当驚いてました。

でも実際、考えてみるとそれってほんとに密というか、濃い作業。
火葬場の人達は見ず知らずの人の骨を手で扱うわけだし、すごいこと。

カナダの友人にとっては、火葬の前に自宅に故人の遺体を置いて過ごすというのもびっくりだそうで。
そう考えてみると、日本ってとても精神主義な気もする。

親族が亡くなったかと思ったら今度は友人が離婚あせる
二人ともカナダ時代の学校の友達で、唯一あたしがカナダで結婚式に参列したカップル。

Facebookのステータスがバレンタイン前日に二人揃って「Single」に変わり、さらに旦那の方は離婚の理由までも書いてて爆弾
Facebookにそこまで書いていいのかと言う!

二人とも素敵で自分と仲が良かっただけに、ショックだわー。

はー。
人って忙しいわ。。。

生きてる間はいろいろあるけど、ほんと日々大事に生きなきゃ。
それにしても冠婚葬祭ってパワーがいりますね。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP