メニュー 閉じる

クレンジング

最近つくづく思うけど、歳や日々を重ねていろんな経験をしたり何かを感じたりするごとに、
気持ちがそれと共に浸食すると言うかなんと言うか、その溝にいろんなものが入り込むようになって、
そんでその入り込んだ余計なものを、前程うまく払いきれなくなって来ているというか。
気持ちの表面がつるつるしているうちは比較的余計なものは全て忘れ去って、さあまた一から!ってことも出来てると思うんだけど。
余計な考えや物事を捨て去るのに、妙に溝にはまっちゃったりして変な執着が生まれたりとかして
なんだかうまく払いきれないことがある。
自分にとってのその対処法と言えば、どこかへ出かけて新しい人に会って話したりちょっと現実逃避することで、そんなことしているうちに余計なものは少しはがれるんだけど、
少しずつ消化しきれない経験のゴミや汚れみたいなものがまとわりついて、なんだか足取りが重くなってきたことに気付いたところなのです。
そんで気持ちは全くついていってないくせに変に年月重ねて歳食っちゃってるわけだから
思っても見なかった貫禄が出ているのかどうなのか
最近は気軽に話したり、下の名前で呼び合ったり、タメ口で話せる人がいなくなってきたりして何だか切ない。
年取るってこういうことなのかなー。
気持ちが自分や周辺環境と釣り合わないアンバランスさ。
まとわりついたものとか実際のいらない物とか捨てまくって、新鮮なものが入る余地をいっぱいつくりたいな。
着飾ることなく、素な自分、アヤシイ自分なんかを害のない程度に小出しにしていきたいなあ。
標準はつまらない。自分を抑えつける必要もない。
きっと世の中は限りなく刺激的。
常識を打ち破って、あらゆる価値観を消化したい。きっとそれはとてつもなく面白い。
そんでいらないものをきちんと放出したい。軽くなりたい。
身体全部クレンジングしなきゃ。
たまには栄養も与えまくらなきゃ。
むっちゃぼやきでした。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP