メニュー 閉じる

ロハスもどき

自分のブログですが、ジャンルが「ロハス」となっている割に全くその件については触れていませんでした。
よくちまたにロハス、ロハスとは言うけれど、一体ロハスって具体的になんだ??

。。。

調べよう。

「LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の/健康と持続可能性を重視するライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルを営利活動に結びつけるために生み出されたマーケティング用語である。」
– Wikipedia

なーるほど!
そうかそうか。

。。。ん?

「営利活動に結びつけるために生み出されたマーケティング用語」ってなんだ??
いやらし!

自分のポジション的には営利活動に結びつくようなレベルまで行っていないのだけれど、健康と持続可能性を重視するライフスタイル!
これですこれ。

カナダでは、いわゆるヒッピーカルチャーと呼ばれる町で生活をしてました。
住民の健康意識はそれはそれはものすごく、ある意味パラノイド的とも言えました。
ロハス的生活自体が一種の新興宗教とも言わんばかり。
当然オーガニック製品はよく売れ、ベジタリアン、ビーガン率も高いです。

自分も前から興味があった上に徐々に影響され、だんだん意識して肉食を避けるようになりました。
前は肉がないと始まらないくらい肉食だったのだけど。

決定的だったのが、言葉も違い身内もいない海外にいて、ある病気が疑われたことでした。
結局再検査で全然異常はなかったんだけど、結果がわかるまで恐怖におののいてました。
頼る人もあんまいない海外で、一人で病気になるなんて嫌すぎるし!
そんな時に友達が、病気をしない身体をつくるっていう食事法を教えてくれて。
それからもっと意識して食事に気を使うようになりました。

向こうにいた時はどこのレストランに行ってもベジタリアン料理はあったし、レズやゲイと同じようにそれは一つのあり方として認められてるんだけど、さすがに日本だとなかなかない。
周りからもむしろ「偏食」みたいに思われている感じも。
ベジタリアン料理とか、むっちゃおいしいんだけどね。。

食事とか肌に付けるものとかいろいろあるけど、食べれないとか使えないとかじゃなくて、そういうものをあえて選んでる感じで。
多分、超肉食文化の国に行ったらまた変わることでしょう。。

あ、とは言っても環境問題、最近あんま意識してないな。
いつにもまして大事な時なのに。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP