メニュー 閉じる

写真の力と地域の力

公開日 2011.05.16 (月) 最終更新日 2021.02.17 (水)

今日はいくつか書きたいことが。
昨日の夜、iPodにこのアプリを入れました。
3/11 TSUNAMI PHOTO PROJECT

ちょうど震災から1ヶ月経った先月に発行されたもので、その存在は知ってた。
でもなんか賛否両論だったし、正直この震災に最近自分はある程度目をつぶってて。
あんまり災害の様子とか見すぎると、自分のやることとか出来なくなりそうで。
でもなんか今頃になってまたこの写真集が気になって、100円ちょっとでAppleからダウンロードしてみた。

最近アップデートされたそうで、14人の写真家の作品が見れる。
なんと言うか、写真の力って改めてものすごい。
そしてさすが電子書籍、それぞれの写真家の音声メッセージも入ってる。
今朝通勤時に何気なく見てて、泣きそうになった。

単なる一枚の静止画なのに、なんでこんなに感じるものが出てくるんだろう、とか。
そんできっとそれは現実だからってのもあるんだろうな。
さらに2ヶ月経った今、坂本龍一が音楽を提供して動画にしたものも配信されたみたいで。

全ての写真が網羅されてるわけじゃないけど。
写真、言葉、音楽が全部一つになったらものすごいメッセージ。
でも正直これに関しては、写真そのものと言葉だけでいいような気もする。
なんか音楽をのせると妙にメロドラマちっくになるというか。(坂本さんすみません)

勝手な意見だけど、音楽とかって変にドラマティックになるというか、その差し引きというかバランスが難しいなって思う。
特に報道とか現実を伝えるものの場合。

それにしても、とにかく絵もそうだけど写真ってすごいな。
たとえ何気ない光景でも、構図によって全然違うし。

自分はまだまだ知らないことがいっぱい。
表現の手段はたくさんあるけれど、それをうまく使って人の心を表せていけたらなあと。

あと今日のニュースとしては、秋田市土崎に北部市民サービスセンターKITASKAとやらがオープンしたとか。
うちの母親が早速オープンと同時に開催された地域芸能発表会とやらに行ってきたようで。

だいぶ前に「春に開設!」とか言われてたの思い出した。
もうそういう時期なんだ。早い。。

自分が住むこの辺の北部地域一帯を網羅するサービスセンター。
市民窓口から子育て交流ひろば、文化ホール、音楽室、体育館などの施設が盛りだくさん。

ホールや部屋を借りるのもさほど高くないし、なんかいろいろ出来そうな予感。。
少しずつ、いろんな物事が進んでいくんだなあ。
自分も進歩しなきゃ。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP