メニュー 閉じる

夢と現実

公開日 2012.09.19 (水) 最終更新日 2012.09.19 (水)

最近、いろんな意味深な夢を見ます。
友人に夢をかなり的確に診断できる人がいて、その人に聞くと大抵その夢に自分の深層心理が正確に表れているのがわかって。
おお、まさに!と言う内容をいつも言われるので、最近自分の夢をものすごく意識するようになりました。
印象的な夢でも忘れちゃうので、なるべくメモしたりとかしてその人に聞いたりしてます。
そもそも夢って自分自身が無意識に見るものなので、自分の心理が表れるのは当然のことなんだよな。
つい先日もものすごくリアルで怖いくらい印象的な夢を見ました。それは夢と現実の境目がわからないような夢で。そしてそこにもやっぱりいろいろ表れてました。
秋田に帰って来てからもう少しで2年。生まれた場所だから安心するのは大きいけれど、これまで十数年違う土地に住んでいたので、やっぱり違和感があることも確か。
社会人になってからずっと他で暮らしていたので、さすがに戻って来て2年ぽっちじゃ違和感を感じるのも当たり前かなとも思う。
東京に行ったりカナダの友達と話をしたりすると、社会人になってからの自分がそこに全部あるし、ものすごく懐かしい。思い出の深さが違う。
かといって秋田は生まれてから学生時代までを過ごした場所なので、もっと穏やかな思い出がたくさん詰まってる。
東京やカナダではとにかく一人でなんとかしなければいけなかったから、ハプニングとか気持ちの大きな揺れがあったり、とにかく生きる上での危機感は今とは雲泥の差。だからこそそれだけ気持ちの中で大きな部分になってる。
今は両親が健在で、自分の名義にもなっている家がある秋田は大切な故郷で、帰る場所。これは変わることがないこと。どこにいても帰る場所があるからやって来れたこと。
いろんな生き方があるし、自分も今の自分がやれていない生き方をうらやましいと思うこともある。でもうらやましく思うこと全部は自分で出来なくても、今の自分が出来ることや役割を潔くやっていくことも大事なのかなーと思ったり。多くを望んでいたらどれも手が付けられなくなってしまう。
場所なんてどこにいたって自分次第でどうにでもなるし、それは全く持って理由でもないけれど、何かを起こすにはいろいろな所に行かないと感覚が鈍るのは確か。それは本当に身をもってそう思うし、人も口々に言うこと。
事を起こさなければと思います。たとえ目に見えず緩やかでも。
生活に埋もれる部分を掘り起こさなければと思います。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP