メニュー 閉じる

強制読書の秋

公開日 2011.10.11 (火) 最終更新日 2021.02.15 (月)

今月21日で、日本に帰って来てから丸一年。
帰って来たばかりの時は手探りでしたが、とりあえず今は仕事も人間関係も落ち着いてきてる感じです。
この一年で一番増えた物は本。実家にいると本の置き場所に困ることもない。
それまで海外にいて買えなかったありとあらゆる本を買いまくり過ぎ、読むのが全然間に合ってません。
ほぼ9割がハウツーもので、音楽関連やらヨガやら精神論やらいろいろ。
図書館で借りてたりもするのだけど、たいてい気付くと返却期限日を過ぎてしまったりするので買うのがメインとなってる。
ほとんどをアマゾンの中古本で買ってるのだけど、今年に入ってからの購入履歴が7ページにも及んでてすごいことになってます。。
その中にはCDやDVDも入ってるのだけど。
あと感動しているのが雑誌の付録。
これは「読書」とは言わないと思うけど!
6年前とか自分が東京にいた頃って、こんなに雑誌に付録がついてることってなかった。
最初は「たいしたことない、買わせるための釣りでしょ」くらいにしか思ってなかったのですが、一度アタリの付録を買ってしまってからは、付録狙い女と言わんばかりにくまなくチェックを入れるようになりました。
気付くと付録のバッグや小物を愛用してる。。。
エコ大国カナダから
「シンプルに生きる」
「物を増やさない」

をモットーにすることを学んで帰って来たはずなのですが、素敵なモノで溢れかえっている国では至難の業。
カナダってかわいくておしゃれなものが少ないし、あったとしても高いし。
こっちだと安くてかわいくて品質もそれなりにいいものが多すぎる!
話は飛んだけど、買いだめしてる本を少しずつ読み進めて行かなきゃ!という義務感に襲われてます。
自分の読んでる本の一部は、このブログ右下にある本棚「ブクログ」一覧に載せてたりします。
今度は「シンプルに生きる」テーマの本とか買いそう。。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP