メニュー 閉じる

証明写真

久しぶりに地元の写真屋さんへ行って来ました。
先日両親が証明写真を撮ってくれということで、家で撮影したものをプリントするために。

以前カナダの観光地で写真屋に勤めていて、毎日証明写真を撮ったりカメラを売ったりしてました。カメラ
なんか、久々にそういうお店に行ったらものすごく新鮮と言うか、懐かしいと言うか。

お店の規模は前働いていた頃より段違いで大きく、自分でパソコン操作してフォトブック作れたり。
操作画面もサクサク動いてキレイ。

「日本のサービスってやっぱ素晴らしーー!!」

と妙に感動。

カナダいた時、やっぱりカメラやプリント機器も日本製だったもんね。
ビバ日本。

証明写真を久々に作っていたら、そこで働いていた当時のことを思い出しました。
観光地だったので、世界各国からいろんな人達が来てたのです。

まず証明写真でどう撮られたかを全く気にしないのが、大抵オーストラリア人とカナダ人。
「いくらなんでも髪少しくらい直した方がいいんじゃ??」
とこっちが突っ込みたくなるくらい、写りを気にしない人が大多数。
「どうせ一年一回開くかどうかわからないパスポート写真でしょ」
と言い切り、女性でも
「誰だか分かればいいわ」
と結構適当。

逆に言うと撮影する方もそんな感じで(汗)

同僚のオーストラリア人やカナダ人は、有無をいわさずいきなりパシャリ。
目をつぶったとか明らかに失敗した時は撮り直すけど、そうでなければあっという間に
「はい撮ったよ」
と終了。

今はデジタルなんだから、撮った写真を「これでどうですか」と客に見せることも出来るんだけど、そこまでする意思は全くない的な。
まあちゃんと丁寧に撮る人も中にはいるけど(少数)。

それに比べてもんのすごーーーーくどう撮れたか気にするのがフィリピン人。
彼らは同僚のオーストラリア人達が撮った写真を「確認も出来なかった、仕上げが気に入らない」と言っては、しょっちゅう別店舗で働く「親切な」日本人のあたしのところに撮り直しに来てました。
最高の表情で決め、何度も何度も撮り直しを要求する彼ら。

「あー、シワがあるわ!これ修正してもらえる??お願い!」
「さっきの2枚前に撮った写真の方が良かったと思うんだけど。。あ、待って!やっぱりもう一枚お願い!!」
「ちょっと顔色を明るくプリントしてくれない??」

もうギャグかと思うくらい何度も修正を頼んで来る彼らと、それに忠実に従おうとする日本人の自分。
女性だからこだわるのかと思いきや、何気にフィリピン人男性もそんな感じだった。

ほんと笑える。
と言うか、微妙にうざい。

そして基本的に人懐っこい彼らの決め台詞
「ほんとありがとう!あなたはとても親切にやってくれるからお気に入りよ!友達にもたくさん紹介しといたわ!!ドキドキ音譜

そう言われると嫌な顔出来なくなる、やっぱり忠実な日本人の自分。

なんかほんと毎日毎日、いろんな人格を持ったいろんな人種がやってきてお国柄も垣間見れまくって面白かったなーとしみじみ。
かなり振り回され、そして日本ではあり得ない程にお客をあしらうようにもなってたな。

ということで!
証明写真を撮りたい方は是非ご相談ください晴れ音譜(そこ)

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP