メニュー 閉じる

逃避癖

いろんな立場の人がいて、
楽しいとか嬉しいとか幸せとか思う基準はその人それぞれで
だからどんな人生送ろうがその人が幸せと感じるのならいいのだと思うけど。

自分に限って言うと、今まであちこちに住んだせいかわからないけど
何か思い通りに行かないことがあると、自分のあり方はさておき
結構単純に土地と自分との相性なんかにしちゃったりする癖があって。

多分この土地は合わないんじゃないかなーとか
他の土地の方が自分はのびのび動けるんじゃないかとか
あと、いろんな人間関係のしがらみにハマった時なんかも
ふっと消えて全く知らない人たちの住む新しい土地へ行きたくなったり。
言ってみれば逃げてると言える。

ある程度はそれぞれの地で自分なりに粘って頑張って来てはいたけど、
見切りを付けたら結構あっさり去って来た。

頑張ることは頑張っても、どうにもならないこともあったりするし
強引に生活を変えなきゃ改善できないこともあったりして。

あちこちに住んでいたと言っても、
自分より土地を転々としてる人はものすごくたくさんいるし
いろんな所を旅して見聞や価値観を広げてる人がたくさんいるので
それに比べたら全然まだまだなんだろうけど。

いろんな所に住んで最終的にある土地に落ち着く時、
みんな何を基準に決めてるんだろう。

カナダで知り合った何人かの人が言うには、
「愛が私をこの地へ連れて来たのよ~ん恋の矢
とか

「自分の名前と地名が一緒だったから!」
なんて人もいれば

「車で通りすがってピンと来た!」
って人もいる。

仕事の関係でその街に定住する、っていうのも一般的。
結局はどこに行っても自分は自分で
今現在の場所で精一杯やってればいいっていうのが真っ当な答えなんだろうけど。

ただそうやってどこにでも行こうと思えば行ける状況も
独身で両親が健康だからこそ出来ることで。
何か守らなきゃいけないものや責任があればできないことで。

恵まれてる悩みなんだろうけどね。
いろいろと行き詰まると逃避&放浪癖が出てきます。

とりあえずは近場に数日逃避予定。
そして今現実に逃げられないのが数時間後に迫ったラジオ番組提出。爆弾
仕事行く前に終わらせなくては!

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP