メニュー 閉じる

ABRSM 英国王立音楽検定

公開日 2009.08.16 (日) 最終更新日 2021.02.20 (土)

最近、ABRSM (Associated Board of the Royal Schools of Music)に挑戦してみようかなと思い始めました。
日本で言うなら英国王立音楽検定。ローランドが主催してるみたい。

こういう検定って言ってみれば目安に過ぎないし、小さい頃からピアノやってた若者がバンバン一番上のグレード8とか取ってるし、今更やるのも微妙かもしれないんだけど。

でも、ある意味自分のレベルを証明するってことは励みにもなるしいいのかもしれない!と思って。

あたしは小学2年の終わり、8歳でピアノを習い始めて、中学で体育会系の部活に入ってから辞めた。両立は厳しいと思って。つか、正直飽きたのかも。
クラシックピアノは4年しかやってないし、そのあとちょっとだけ練習続けてたにしても相当のブランク。
カナダに来てジャズピアノ3年習ったにしても、全然足りない。

そもそもこの検定に興味持ったのは、カレッジで一緒だった子がピアノで上級のグレード8持ってるの知ったから。
このグレード8は、理論でグレード5以上を持ってる人だけが受けられるみたい。と言うことで理論のグレードも必要。

ピアノもそうだけど、気になるのが声楽!
これピアノ以外にもあらゆる楽器のグレードがあるみたい。そんでジャズピアノもある。

正直クラシックピアノはあたしには敷居高いなあー。。つかジャズピアノもそうなんだけど。

そんなんで、早速ABRSMの出版社にテキスト発注しまくりました。イギリスから世界各地に発送してて、送料もそんなに高くないんでおすすめ。

最近本ばっか注文しまくってる。しかも全部音楽関連テキスト。いつ攻略できることやら。
ま、やる気だけはあると言うことで。

この目標を一体達成できるのか。。全くもって不明。

とりあえず、練習しよーっと。
本が届いたら。♪

 

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP