メニュー 閉じる

初めてのエアキャスト

前回の記事の続き。

3日前、初めてのバーレスクダンスのレッスンから帰って来て、パソコンに向かい、その後椅子に正座をしてうたた寝をしてました。
ハッと目が覚めて、ああもう寝なくてはと顔を洗いに椅子から降りた瞬間

「ぐぎっ&ピキッ」

#*#@(%&$^%$!!!! 8-O?

・・・・・着地に失敗し、足の甲を挫きました。

正座していた足が痺れていて、着地の感覚が鈍った。
かなり衝撃的に痛くて、そのままベッドに倒れ込み痛みが引くまで悶絶。
しかも「ピキッ」って感覚があったような・・・・

かかとで何とか歩いて顔を洗い、とりあえずその日は寝ました。

次の朝。
相変わらず足の甲を床に着けることができず、かかとでしか歩けません。
職場の上司に連絡し、医者へ行くことに。

つか、どこ行ったらいいんだろ?!と。

カナダではまずかかりつけのファミリードクターを通して専門医を紹介してもらうか、ファミリードクターがいない場合は街のウォークインクリニックに行くことになってる。
いきなり整形外科とか行けない。

ファミリードクターを持っていない自分。職場の人や友人に「ウォークインクリニックか、病院のER(救急)へ行ったら」と言われた。

また、Telehealth Ontarioという政府機関に電話すると、症状にあった医院を紹介してくれるらしく!
Toll-free: 1-866-797-0000(リンクから直接繋がります)

電話してみたら、最初家からむっちゃ遠いところを紹介されてビビりましたが。ちゃんと住所言ったのに〜。
めげずにリクエストすると、近いところを教えてくれました。

結局いろいろ考えた末、一番早そうなので総合病院のERへ行くことに。ウォークインクリニックだとレントゲンは撮れないから、結局は大きな病院へ行く事になるし。

で、家から30分ほどのセント・ジョゼフズ・ヘルス・センター
タクシー代を節約しようと、必死に足を引きずり交通機関を使って救急病棟へ行きました。

腫れてちょっと変色した足の甲を一目見たドクターは、微笑みながら
「It seems broken.(折れてるっぽいね)」と。

おわー!!
椅子からコケてそんなことになるとは・・・・・
我ながら情けないわ。

でも同時に、骨をケガするのが人生初めての自分は何だか謎にウキウキ。

レントゲンを撮ってもらったら、実際はちっちゃなヒビがあった模様。ほぼ見えないけど。
骨の激写初公開☆

なんだ、たかがちょっとのヒビか・・・
それにしてもこんなよく見えないくらいのヒビで痛いなら、ボキッと折った時ってどんだけ痛いんだろ?!

その場でケガの判断は出来ず、専門医を紹介するから次の日にまた来るようにと。そしてその日はそのまま帰されました。
つか、つか、何かサポーターとか巻いて! 😭

歩いて帰るのにまた痛くて、家に帰って疲労して爆睡。

今朝起きてみたら、大分痛みが引いてた。昨日より歩くのが少し楽。
早朝の予約時間に足を引きずりながら、再び交通機関を使ってその辺のものにつかまりまくりながら病院へ辿り着きました。

「ちょっとのヒビだからそのままで大丈夫だよ」

ロペスさんと言うダンディーなエスニック系の医師が、さらっと一言。

「ちょっとヒビが入ってるけど、特に何もしなくていいよ。3週間後またレントゲン撮りに来て」

いや、あの、歩くのかなり痛くて足引きずってるんですけど。。
ヒビってヘタに動かしてると大きくなるかもって言うし、足引きずって歩くと別の変な筋肉が痛いし、出来ればテーピングとか簡単でもいいから、なんかサポートが欲しいんですが。。

「歩くと痛む?体重支えられない?」と聞かれて「痛くて、普通に歩けません」と言ったら
「そうか。じゃあブーツ持ってくるね。それ履くと歩いても痛くなくなるよ」

そう言われ出されたのがこれ。

ここまでスキーブーツみたいなのいるか?
とも思ったけど、面白そうなんでトライ。

おお!人生初!!!しかも痛み激減!!!
「わたしケガしてますよ」アピールが出来るアイテムな感じ!

なんか少しテンションが上がり、ウキウキして次回の予約案内を受付で待っていたら、この片足スキーブーツ(正式にはエアキャスト)に160ドルも請求されやがりました。

保険外なんて聞いてない〜!先に言ってくれ!!😱

「職場とか、自分で他に入ってる保険があればそれでカバー出来るはずよ」と受付。
心当たりをいろいろトライしてみます。。。

と言うことで、張り切って通い始める予定だったバーレスクのレッスン、数週間は行けなさそうです。
いろいろ残念!

今日になって大分痛みも引いて来たので、バイト先のレストランへ。
そんなに歩き回ったりしなければ大丈夫そう。

一応このブーツを履いて行ったら

「だ、大丈夫か!!??
「どうした、何があった????
「仕事出来るのか!?!?

と、同僚達が一気に詰め寄って来ました。

おおお、スキーブーツ効果ビックリマークアップ

といってもこれを履いたままでは仕事ができないので、バイト用の作業靴に履き替えて就業開始。
周りの気遣いにほっこりしつつ仕事していたところ

アーーーーウチビックリマークビックリマークビックリマークポーン爆弾ドンッ(痛い)」

隣で作業していたマネージャーに、患部をがっつり踏まれました。足

何事かわからず当惑するカウンター越しの客。
真顔で焦って謝るマネージャー。

・・・・・・😱

やっと終わって帰宅。
前よりも痛みが増してます。宇宙人くん

スキーブーツ、やっぱり患部を守るために必要なのだとつくづく実感。
160ドルは無駄じゃなかったらしい。

ということで最終結論。

正座の足の痺れには要注意なのだ!!!足

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP