メニュー 閉じる

奄美グランマザー国際会議

公開日 2010.09.19 (日) 最終更新日 2021.02.11 (木)

わたし、奄美の唄者、朝崎郁恵のファンで、ニュースレターを購読しているのですが、こんな案内が来ました。


2010年10月、世界の先住民の代表と、地球と人類の未来を想う人々が、奄美大島に集います。

「13人のグランマザー第8回国際会議」
開催期間: 10月22日-25日

神の集う島・奄美大島で4日間にわたり開催されます。
今回そのプレイベントが沖縄そして富士山にて開催されます。


ちょうど自分が帰国して屋久島にいる時期。
奄美には27日着。
き、気になる。。

参加費33,000円だそう。
どの道日程的に無理だけど。。

朝崎郁恵は奄美代表として沖縄のプレイベントに参加するそう。
9月18日と19日。終わったじゃーーん

とにかくなんだかすごく興味深いイベントです。

以下、ウェブサイトからの引用。

奄美大島が国際会議の会場に選ばれた背景

第8回を迎えるこの会議の日本の開催地を選ぶにあたり、
ホストであるグランマザー・クララは自ら日本全国の聖地をまわりました。
奄美大島が選ばれたのは、奄美の人たちが古来太陽や水など自然や、
自分達の命を今まで繋いでくれた先祖に常に感謝し、
手を合わせることを忘れずに生きてきたからです。
”出会いは神の引きあわせ”という、出会った人たちを尊び大切にする言葉が、
奄美にはいまだ生き、それは日々の祭り、儀式の中に受け継がれてきています。

そして、今回の国際会議の代表、クララ・シノブ・イウラの言葉。

挨拶、言葉、習慣など、日本人は本来とても神様の方を向いた文化を持っている国です。日本はその精神性の高さと、物質的な豊かさの絶妙なバランスで、世界のリーダーになるべき国です。

しかし現代においては、日本人は多くの宝物を忘れてしまっています。世界のリーダーとなるべく、日本人はまずは清い言葉を使って、ちゃんと挨拶をする習慣から思い出すべきでしょう。

なんか、いろいろ考えさせられます。

清い言葉、使うよう心がけます!

とにかく気になる奄美。
熱いです。
こんな国際的なイベントがあろうとは。

奄美滞在期間、何かがありそうな気がします。
早く行きたい。

朝崎郁恵の唄。この人の歌声は涙腺を刺激します。
素敵なおばあちゃん。こんな素敵な人になりたーい。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP