メニュー 閉じる

ブルーチーズな夜

公開日 2013.08.28 (水) 最終更新日 2021.02.17 (水)

買い物に行って、急にブルーチーズが食べたくなってパンとお酒と一緒に買って来ました。
blue cheese
ブルーチーズの何とも言えない独特な香りが大好きです。

パンとブルーチーズの組み合わせを見ると、以前カナダに住んでいた時働いていたフレンチベーカリーのことがすっごく懐かしくなって。
今日もそれを思い出してほんとはフランスパンのバゲットが欲しかったんだけど、売ってる所って限られますね。

数年前カナダにいた時はあちこち引っ越しましたが、一時期長いこと一軒家をシェアしてカナダ人4人と住んでいました。
そのうちの一人が町でフレンチベーカリーを経営していて。正確に言うと彼はカナダ東部のケベック出身なので、フレンチカナディアンベーカリー。
一緒に住んでいた私は、毎日毎日彼が作っためちゃくちゃおいしいいろんな種類のパンを食べれるという恩恵を受けていて!
家には常にパンと数種類のチーズ(もちろんブルーチーズも!)、メープルシロップ、そしてワインがありました。

彼のベーカリーはこんな可愛いとこ。
Nelson, BC Canada
ここで私は週何回かバイトさせてもらい、夜中にフランスパン数種類のタネを作るという事をしていました。次の日の早朝に彼がパンを焼く準備として、材料を混ぜておくのです。

学校やカナダの生活の中で起こるその日のいろんなことを思いながら、音楽ガンガンかけて一人黙々と材料計ったりしてたなあと、なんか妙にしみじみ思い起こされます。

今思うとレシピをメモっとけば良かったな。
こっちではなかなか売っていない、イーストをほとんど使わずものすごくシンプルな材料だけで作るパンは、本当に本当においしくて!!
フレンチカナディアン独特の、素朴でクレイジーで陽気なスピリットが溢れ出るようなパンと店内は町でも評判で。

この店も、最高においしいパンも、ハウスメートの彼も、彼の家族もみんな本当に大好きです。
ああぁ、ほんと恋しいなあ。

音楽の話題とは大分違いますが、そんな事を思い出しながらブルーチーズを乗せたパンをかじる夜でした。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP