メニュー 閉じる

新しい本と電車の話

公開日 2011.08.04 (木) 最終更新日 2021.02.11 (木)

昨日、こんな本を買いました。

コーチングに役立つ音楽理論

音楽を教える上でのコーチングについて詳しく書かれてます。
半分くらいまで進んだ。

自分も音楽を教えたりしていますが、まだたくさん悩むことがあったりします。
自身の音楽スキルや知識を上げることも必要だけれど、いかに生徒さんがモチベーションを保って前向きに取り組んでいけるように進めていくかも重要で。
特に子供だとストレートでわかりやすいというか、こっちのちょっとした態度がかなり影響して。

この本で書かれているように、人は一人一人全員違うし、その人をよく観察してその人に合わせた指導をしなきゃいけないと。
当たり前のようだけれど、学校教育のようなクラス単位の指導法とは全く違う。
教えると言うことはとても奥深いし、何よりも人を学ぶことだなあと思います。

ところで話は全く変わるんだけど、秋田で電車を使うようになってからとっても気になることが!!

秋田の人って、座席をムダに使う人がものすごく多いと!

東京にいたときは当然満員電車が当たり前だったので、みんな席を詰めて座ってた。

でも秋田ってあまり混むことがないせいだと思うけど、ほとんどの人が座席を2つくらい占領するんです。
たとえ立っている人がいようとも!!

目の前に座れない人が立ってるのにもかかわらず、自分のかばんを空いてる隣の座席に置いて携帯いじってる。
ひざの上に荷物置けばもう一人座れるのに!

あと、座席を中途半端に1.5人分とか占領して座ってる人が多数。詰めればあと2、3人座れるシートの前で、座れない人が立ってる。
そこを「すみません」って詰めて座ろうとする人がいようものなら、めんどくさそうにちょっとどけたくらいにして。

電車に乗ると、なんというかそのカルチャーのギャップに毎回驚いて、そんでイラっとしたくらいにして。
かといって「ちょっと!かばんどけたら目の前の人座れるじゃない!」なんて言えない。。。

それにしても立ってる人が目の前にいて、席をかばんとかで中途半端にもう一人分占領してて知らん振りしてるって、一体どういう神経???
県民気質なんだろうか。。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP