メニュー 閉じる

メキシカンチェーン店「チポトレ」でのオーダーの知られざるコツ!

※これは2017年度の記事なので、情報に変更の場合があります

全く更新しない日々が続いていますが、この2ヶ月間でいろいろとありました。
新しい仕事をはじめ、頭と身体がついて行くのにちょっと頑張ってる感じで。

ところで、そんな中いまだにバイトは続けているのですが、そのバイト先チポトレ(Chipotle)のことについて。
アメリカ生まれのメキシカンフードチェーン店。ファストフードと言えどヘルシーで安全な食材を売りにし、人気上々な店。

1ヶ月ちょいくらい前にブリトーの生地(トルティーヤ)が保存料を使わないものに変わりました。そんなんでちょっとグレードアップ。

前よりもモチモチ、歯ごたえがあり、そしてなんと言っても破れにくいのでブリトーを断然巻きやすくなった。

☆イメージ画

ということで、アメリカもしくはカナダ(その他イギリス、ドイツ、フランス)に旅行する予定のあるあなたに、チポトレでのマル秘オーダーの仕方をご紹介します!!
長くなりますが、渾身の記事にします。

知ってると絶対得する!チポトレでのオーダーの裏技ニヤニヤパスタキラキラ

①ブリトー、ボウル、タコス、サラダのうちどれかを選んで伝える(カナダの場合どれを頼んでも料金一律)(※5/21訂正!2017年5月から、選ぶ具材によって金額が変わりましたショック

☆ブリトー:トルティーヤの皮に具材を入れて巻き巻きします。あまり中の具を多くし過ぎると、でかくなり過ぎて非常に巻きづらいので、店員に微妙に嫌がられる可能性ありアセアセ
トルティーヤの二重巻きも出来るので、具をいっぱいにしてボリュームが欲しければ「Double rap」とオーダーをどうぞ!(プラス300カロリー高くなりますが・・・アセアセ

☆ボウル:器に材料をばんばん入れていけるので、一番量を多くできます。いっぱい食べたい方にオススメ。もちろん少なくすることもできますが、料金は変わりません!
ここで「Tortilla on a side(トルティーヤをサイドでお願い)」と頼むと、トルティーヤがもらえますっ!ルンルンもちろんタコス用の小さいトルティーヤでもOK。

☆サラダ:ボウルに盛りつけする時、一番下に四角く刻んだレタスがたっぷり入ります。ボウルでもどの道レタスを最後に入れることが出来るので中身が一緒と言えば一緒だけど、ボウルのレタスはタコス用のものなので細切りになります。サラダの方が歯ごたえのあるレタスになるよ!
ボウルとの違いは、「ビネグレット」というハニー&ビネガーのドレッシングが付いてくること。いらないって断ることも出来るし、頼めば普通にボウルにも無料で付けることが出来るよ!

☆タコス:柔らかい皮ならソフトフラワータコス、一つ油で揚げられたクリスピーコーンタコスの2種類の皮から選べます。タコス3個が1セット。ちなみに1個だけ(シングル)とか2個だけのオーダーも出来ます!(その分料金が安くなる)
ボウルやブリトーほど具材をたくさん入れられないので、軽く食べたい人にオススメ。
どの皮にするか選べない場合は、それぞれミックスしてもらうことも可能!ラブ

※とにかくたくさん食べたい人へ!ナイフとフォーク
ブリトーやタコスでは具をたくさん入れるとパンパンになり過ぎて巻ききれないことがあるので、ボウルかサラダをオーダーしてサイドにトルティーヤやタコスの皮をつけてもらうか、器の中に敷いてもらうと量が多くなりオススメ!サラダ

☆その他(料金はそれぞれ異なる):キッズメニュー2種類と、裏メニューのケサディラがあります!

<キッズメニュー>
「Build your own(自分で作ろう)」「Quesadilla(ケサディラ)」。Build your ownはタコスの皮が2枚付いてきて、サイド3種類(肉1種類&その他2種類)選べます。Quesadillaはソフトタコス1枚にチーズを挟んで焼いたものが付いてきて、肉、豆腐、グワカモレ以外のサイド2種類(大抵ライスと豆)を選べます。Quesadillaの中にチーズ以外にもチキンなどの肉を挟むことも可能。ピザ
ジュースとコーンチップスの小袋、もしくはフルーツが付いてきます。大人でも頼んでOK。

<ケサディラ>
メニューには載っていないシークレットアイテム!(とは言えかなり知られてて人気)
ブリトーサイズのトルティーヤでケサディラを作ってもらえます。基本チーズだけが入りますが、肉やコーン、ライスなども(店によっては)リクエストで入れてもらえます。キッズ用の小さいケサディラと混同しやすいので「Regular quesadilla, please(普通サイズのケサディラお願い)」と言えばOK。

②ブラウンライスかホワイトライス、ブラックビーンズかピントビーンズを選ぶ

ライス(玄米か白米か)と豆(ブラックかピントか)を決めます。
ライスには両方ともシラントロ(パクチー)とライムが入っていますが、入っていない普通のご飯もオーダー可能です!キラキラ「Can I have plain rice?(プレーンなライスもらえる?)」と言えばOK。おにぎ

ピントビーンズはちょっとスモーキー。ブラックビーンズは繊維豊富で、ちょっとサワー感がある印象。

どちらか選べない場合は、半分ずつ入れてもらえます!「Both rice(beans), please(両方ちょうだい)」でOK!
ご飯も豆もいっぱい欲しい人は「Extra please(エキストラにして)」とお願いしちゃおう。

タコスの場合、リクエストしない限りライスとビーンズは通常スキップされます。もちろん入れることも出来るので、欲しければ遠慮なく頼めますナイフとフォーク

③肉もしくはベジタリアンメニューを選ぶ

肉はチキン、カーニタス(ポーク)、バルバコア(細切りビーフ)、ステーキ(ビーフ)そしてチョリソー(ポーク&チキンソーセージ)のどれか。ちなみにチョリソーはカナダにはありません。
ステーキが一番辛めで、ポークはスパイスなしで子供にもオススメ。他はマイルドな辛さ。
肉を食べない人にはソフリタス(豆腐)もあります。ピリッと辛くてなかなかおいしい!

複数試してみたい場合、半分ずつオーダーも可能!「Chicken and steak half and half(チキンとステーキ半分ずつ)」などと言えばOK!OK

もし肉や豆腐の量を増やしたい場合、ダブルとなって追加料金になります。$

肉や豆腐などプロテイン抜きのベジタブルメニューでは、ファヒータというタマネギとペッパーの炒め物が入ります。この野菜は無料なので、多く入れてもらうことも可能。

肉や豆腐を選んでもファヒータを付けることが出来るので、野菜が欲しい方は「Fajitas(ファフィータ)please」と頼んでね!(たまに聞いてくれない店員もいるので)

④その他トッピングを選ぶ

☆サルサ
マイルド(トマト)、ミディアム(緑)、ホット(赤)、コーンがあります。無料なので、どれかを選んでも好きなだけ全部入れてもOK。量も調節可能。

☆チーズ&サワークリーム
サルサと同じく無料。好きなだけ入れて良し。ヴィーガンの方はスキップ。牛チーズ

☆みんな大好きグワカモレ
ベジタブルメニューを選んだ場合、グワカモレが無料で付けれます。肉や豆腐を既に選んでいる場合は追加料金。アボカドが好きな方は、入れた方が断然おいしいので絶対オススメ!!キラキラ

☆レタス
細切りレタス。好きなだけ入れられます。

これらのものを小さなプラスチック容器に分けてもらいたければ、「Mild on a side(マイルドサルサをサイドにお願い)」などとお願いすればOK。

☆その他のトッピング
実は上記以外にもまだ頼めます!
・シラントロ(パクチー)
・ライム
・ソルト
・みじん切りのオニオン
・ハラペーニョ
追加でお願いすることが出来るので、プラスαのスパイスが欲しければ是非!(ただし裏から持って来ることになるので、さほど混んでいない時にオーダーするのが良いかも)

・・・以上!!!!
はーはー。滝汗あせる

これが基本メニューですが、忘れちゃいけないコーンチップスもあります!毎日お店で揚げてておいしい!単体でもいいし、グワカモレもしくはサルサとのセットも。

チポトレにはナチョスのメニューがないけど、サルサやサワークリーム、レタス、グワカモレ、チップスをサイドに付けてもらって、家に帰ってからホームメイドナチョスを作ることも可能。

チップスを下に敷き詰め、その上に具を載せてオーブンに入れてチーズを溶かし、最後にサルサ、サワークリーム、レタス、グワカモレを載せると出来上がり!

つっちー自家製ナチョス⬇️

あとチポトレはビールやマルガリータなどアルコールも扱っているので、飲みたい方は是非っ!生ビールカクテル晴れ

ちなみに更なる知られざるコツ。

チポトレの具は、ポイント制で料金が加算されています。
肉/豆腐/グワカモレ:各2ポイント
その他ライス、ビーンズ、野菜やサルサなど:各1ポイント

計3ポイントのオーダーとなる場合は、「スリーポインター」となり割引料金になります。
たまに頼む人がいるけど、肉とライスだけとか、ライスと豆とファヒータ(野菜)だけというオーダーも出来ます。

また、それぞれの具を単品でオーダーすることも出来ます。

グルテンアレルギーのある人は「I have a gluten allergy」と伝えると、手袋とチーズとレタスを新しく変えて、グルテンに一切触れないように対応してくれます。

とにかく最大限にたくさん食べたい時は、ボウル(もしくはサラダ)をオーダーし、サイドにトルティーヤかタコシェルを付けてもらうとボリュームアップ。上矢印キラキラ
さらに、ライスやビーンズ、ファフィータをエキストラで入れてもらい、サルサなどのトッピングをプラスチック容器に入れてサイドに付けてもらうと、またいっそうボリュームアップ!!
(あんま露骨にやり過ぎると嫌がられる可能性大ですがチーン

普通のブリトーも既に十分ボリュームがあるんだけど。

店内で食べきれないかもと思ったら、テイクアウト用に蓋をもらっておくといいかも。実際大多数の人がテイクアウトでオーダーして行きます。

日本にもチポトレそっくり(というより内装からまるでパクり)なFRIJOLES(フリホーレス)というお店があるようですが、そこでこれらのコツが通用するかは不明です。

北米やヨーロッパでチポトレに行かれる際には、是非このオーダーのコツを参考にしてもらえればと思いますっっ!!!パスタナイフとフォークキラキラ

書き過ぎて疲れた。。。。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP