メニュー 閉じる

食のチョイス

公開日 2007.09.18 (火) 最終更新日 2021.02.22 (月)

ベジタリアンが力説する屠殺の惨さ。 
人は昔から狩りをしてたし、動物の世界でも食うものと食われるものがある。弱肉強食。 
むごいけど、それが現実。 
 
だから、むごさを示すビデオなどを観て「きゃーグロイ、肉食えない」って単純に結論出すには早すぎる。 
むしろあたしみたいなちょっとひねくれもんは、なんかこういうベジタリアン推奨ビデオや大々的運動に裏があるとすら疑ってしまう。 
 
でもあきらかに何がおかしいかって、動物に対するリスペクトが全くないところだと思う 
それにあたしは生物学の知識は疎いけど、こんな施設や工場があるがために生態系も壊れる。だろうし。 
うん、だからやっぱりこんな扱いを受けた動物は食べないほうがいいのだ。 
 
何が一番心配かって、自分の健康。 
病気持ちの動物も別にケアされることなく食料用にされるんだって。それ考えると、ちょっとコワイ。 
自分の身体も汚染されてしまう。たくさんの負のパワー付で。 
 
肉は好きだけど、そういうの思うとちょっと引いちゃうな。 
ベジタリアンとまではいかなくても、主に肉のみを取らないペスクタリアンってやつを目指そうかな! 
というか、健康に育てられた肉ならありがたくいただきたい 
 
前東京住んでたとき一時期「肉抜きダイエット」ってのしたことあって、1ヶ月間肉を抜いただけで普通に3kg減った。 
その流れもあるしカナダでは肉類高いんで、自然に野菜中心になってた。たまにベジタリアンと間違えられるくらい。 
 
だから肉抜くのはさほど気にならないんだけど。むしろたまにその肉の工程が気になって避けたりする。 
 
今一緒に働いてるゲイ男の実家、牧場なんだって。 
機械などを使わないで全部手で牛を世話して、だからミルクも全部手で絞ってたって。めっちゃ大変な作業らしいけど。機械使うと牛のお乳痛めちゃうみたいで。 
その牛乳飲んだら、スーパーなんかで売ってるのはまずくて飲めないって。 
 
やるな、ゲイ。すてき。 
あなたのその労働力はそこから来てるのね。 
 
話はそれたけど、健康に生きたい。そこです。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP