メニュー 閉じる

イベントキャンセルとトロントの状況のこと

世界中どこも新型コロナウイルス(COVID-19)の話題が飛び交っているので、あえて自分の音楽活動のブログ上で書く必要はないかなと思っていたのですが、それを避けるのも難しくなって来ました。

カナダ時間16日、いくつかの発表がなされました。

カナダ人、永住権保有者以外、カナダへ入国することが禁止されました。アメリカ市民、外交官などはいいみたい。

そして、トロントのレストラン、バー、ナイトクラブは店内での飲食を停止し、テイクアウトとデリバリーに限定するようにとのこと。17日午前0時から実施だそうです。
コンサート会場、映画館なども閉鎖を要請されました。従わない場合は罰金が課せられるとのこと。

14日にはカナダ外務省が、海外にいるカナダ人に帰国を呼びかけました。
それを受けて、15日のトロント国際空港は帰国者がごった返していた様子。
ろくに検査やチェックも行われず、サニタイザーも用意されていない状態だったそう。
Travellers at Pearson Airport report lack of COVID-19 screening

実はわたしはその15日の日曜の朝、トロント国際空港の出国ロビーでライブ予定が入っていました。
その数日前に、主催者側からキャンセルの通知。
もしキャンセルになっていなかったらと思うとぞっとします。

今週水曜に120 Dinerで予定されていたファンドレイジングのイベント、Music Can Heal Fundraiserにも出演予定でしたが、16日にコンサート会場やバーの営業禁止令が出たのでそれも取り止め。

毎週土曜に行なっていたカフェでのライブも、店内飲食が停止になった状況からすると当分無くなりそうです。

イベントがキャンセルになるだけでなく、お店も営業にかなりの規制がかかり、心配なばかりです。
ただでさえ経営難が多くて次々と閉店になっていくトロントのバーやレストラン。音楽ができる大切な場所。
最近も、とても素敵なライブ会場が閉店となりました。
切なすぎます。

ここ1週間ちょっとで、カナダの状況は一気に変わって来ました。
トロントの街も静か。バスや地下鉄も人が少ないです。

自分個人は風邪もほとんどひくことがなく、インフルエンザもかかった記憶がないので、そんなに簡単にもらうことはないだろうとタカをくくっている感じ。

そうとは言ってもやっぱりうつりたくないしうつしたくないので、とにかくうがい手洗いのルールに従って人混みを避けて行動しないとなと。
カナダの中ではトロントが一番感染が多いので、気をつけないと。

この時期、人間にとって何が一番大切なのかを改めて学ばさせられてる気がします。
もともと人が生きるために本当に必要なもの。
家にいることや、家族を心配すること。
なんだか9年前の震災の頃と同じような心境。時期も同じだし。

たくさんのことができなくなって収入も減るけど、この時期家で自分ができることをやれるいい機会だと思ってます。

それにしても、ほんとこんなことが現実の世界で起こるとは。なんて年なんだろ。
これも進化の過程なのかな。

この期間、みんなが安全で健康でいられますように。🙏💖
この過程を経て、世界がもっともっとより良く地球にやさしく、暮らしやすい場所になりますように。🙏🌏✨

写真はこないだ超久々2年ぶりに行った石鹸のお店、Demo Soap。どれもこれもかわいい!
スクラブのレモンバジルソープがお気に入りです。手洗うぞ!

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP