メニュー 閉じる

出発前の夜に

明日、と言っても今は真夜中をまわっているので今日ですが、成田からカナダに飛びます。

秋田を出るとき見送ってくれた家族と友人たち。
そして10日の朝に東京に到着して以来、出来るだけ多くの人達に会い、本当にお世話になりました。

東京での滞在。昔からの友人、新しい友人、音楽仲間、カナダ繋がり。
20代のほとんどを過ごした東京には、かけがえのない友人たちがいます。そして、東京を出てから各地で出会った大切な人達もいます。

秋田でも東京でも、たくさん温かい言葉や餞別を頂きました。
本当に本当に嬉しく、ありがたく、感謝感激です。

夜が空けるといよいよ成田から出発なんて、まるで信じられません。
荷物をパンパンに詰め込んだスーツケースを引きずりまわしても、約二日後にはカナダに降り立って新たな生活が始まるなんて、ここまで来てもまるで実感が湧かない・・・。

たくさんの友人たちに「大きな決断だったね」と言われました。
確かに今になってカナダに行くのは、相当悩みました。まさに2013年はじめからずっと悩んでいました。
悩んで悩んで、結局は永住権的にギリギリの期限のところまで来てからやっと決心がつきました。ある意味その期限に押された上でのノルマと言うか。

周りの同年代(もしくはもっと下)の人達はとっくの昔に家族を持って子供もいる。
それを思うと、自分はなんて気ままな、責任感のない生き方をしているんだろう。
家族にもさんざん迷惑をかけてる。
そして標準的に世の中から見たら、完全にアウトなんだろう。

それでもここまで来たら、もう貫くしかないのかなとも思います。
とにかく経験が欲しい。それだけです。

自分には、とても仲が良くて歳が近かった親戚がいました。
ヘンな話ですが若かったその子がいなくなってから、いつも自分の行動の先には彼女がいる気がします。
どんな人生になっても、自分がやりたいことをやり、彼女の経験の分まであたしがする。思い切らなければいけない時には特にそんな気持ちがして、それが支えになっている気もします。

人生には、出来ることも出来ないこともある。可能な限りたくさんのことをしたいけれど、結果としてどうであれトライするだけする価値がある。
先のことを考えていると不安になるけど、目の前にあることにポジティブに集中していればいいのかな、という気もします。

蓋を開けてみると色々準備不足で、行き当たりばったりでツメが甘くて、もう甘すぎて甘すぎて我ながら呆れます。
まともな人になりたい。

とは言え、とにかくここまで来たら行くしかない!と言うことで行って来ます。

本当に周りの人達の助けと優しさがあってこそだと、心から実感しています。
今回本当に本当にそれが身に染みました。

頂いたプレゼントや手紙は、出来る限り全部持って来ました。それがあると強くなれる気がします。
これから何があるかわからないけど、それはどこにいても同じ。
自分の気持ちが前向きに保てるように過ごしたいです。

次のブログはカナダから更新します!
行って来ます!

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP