メニュー 閉じる

ダラーショップの掘り出し物:ジャーナルブック

公開日 2021.12.18 (土) 最終更新日 2021.12.18 (土)

日本にいてもカナダにいても絶対通ってしまうお店は、なんと言っても100円ショップやダラーショップ!
トロントで最も見かけるのはDollarama。ケベック州モントリオール発祥ですが、カナダ各地あっちこっち至る所にあります。

日本での100均もそうだけど、100円ショップなのに100円じゃない、ダラーショップなのに1ドルじゃないってのが実際のところ。
それでもお得感がかなりあるし、4ドル以下で大抵の物が手に入ります。

そんなカナダのダラーショップ、Dollaramaで掘り出し物を発見!

Dollaramaで見つけたジャーナルブック3選

見てくださいこのゴージャスな表紙のジャーナルブック!✨✨

右から、Goals Journal、Bucket List、Grateful Journal。
各4ドル!💰🎉(2021年12月現在で約360円)

お店には他にも「Dream Journal」がありましたが、まずはこの3種類をゲットしました。
表紙のゴージャス感、紙の質感といい、全くもって4ドルのレベルではありません!

Goals Journalはその名の通りゴール設定のためのジャーナルで、Bucket Listは人生でやりたい101のことのリスト、Grateful Journalは良かったことを書き留めるジャーナル。

どれも年度が書かれていないので毎年使える!

・月々の目標設定にGoals Journal

個人的にすごくいいなと思ったのがGoals Journal。中身をちらっと紹介。

月毎にゴールを4つ書き込めるようになってて、マンスリープランナーもある。まーとにかくメタリックな表紙がきれい!

さらに、モチベーションを上げてくれる格言があちこちに載ってる。

「偉大なことを成し遂げるには、行動するだけではなく、夢を持たなければいけない。計画するだけではなく、信念を持たなればならない。ーアナトール・フランス」

む〜〜、良き言葉!🤩✨
確実にダラーショップの域を超えています!

・人生のやりたいことをリストアップするBucket List

バケットリストって、大抵やりたいことを100項目書き込めるものが多く出版されてるけど、このノートは101項目。
中身ちらっと。

最初の方に101項目をずらっと書き込めるページがあり、その後に各項目を掘り下げて具体的にどうしたいか、そして達成した時の記入欄が載ってる。

日にちに関係なく思いついた時にどんどん書き込めるので、無精者の自分にとって一番使いやすそう!

・感謝の記録!Grateful Journal

そしてGrateful Journal

月毎に分けられた、365日分の記入欄が。毎日3つずつ良かったことを書けるようになってる。
これはアニメのポリアンナで観た、「よかった探し」ではないですか!(古い)

個人的にこれは毎日書き続けられる気がしないんだけど、マメな人にとってはものすごく素敵なジャーナルになりそう。1年書き終えて振り返った時、めちゃめちゃほっこりしそうだなあ・・・💖

・それぞれの使い方に思うこと

スケジュールをデジタルで管理している人って多いと思うのだけど、実際は私もその一人。普段はiPadのアプリPlanner for iPadNoteshelfでプランナーやジャーナルを管理しています。

ペーパーレスで場所を取らないしApple Pencilで手書きできるのが最高なんだけれど、やはり現実的に気になる点があって。
アプリを開かない限り視界に入らないので、ついつい書きそびれてしまうのです。

あと、実際のノートでページをパラパラめくる感覚って、何とも良くないですか?

まあノートを用意して視界に入るようにしたとしても、放置する可能性大ですが・・・(何度も経験済み)

自分にとって、デジタルではカレンダーでスケジュールを確認したり写真入り日記を書くということに使うのみで、結局ゴール設定や目標を細かく記入することには使えていないという状態。

紙のノートのメリットは、やっぱりアプリを立ち上げずにしてすぐ手に取れること。そしてページを行ったり来たりしやすいこと。

それを考えた時に、Goal Journalは紙として手元に置いて、いつでもすぐ開けるようにしておくのがいいかな。

Bucket Listも同じく。ただ、これはTodoistなどにデジタル化して、リストをカテゴリ別に振り分けると便利なのかなとも思います。それぞれやりたいことを叶えるためのタスクを細分化できるし。紙とデジタル両方で管理してもいいのかも。

Grateful Journalのような日々の記録系は、デジタルで管理してもいいかと思います。このノートを参考にして、Noteshelfでテンプレート作ろうかな・・・。

アプリはものすごく便利なんだけれど、気に入った表紙やデザインのジャーナルを手にした時の感覚はやっぱり気分が上がります。一冊一冊を大事にしたい気持ちになるし、そこに大切なことを記しておくって、デジタルでは味わえない良さがある。

話が脱線してしまったけれど、この時期になるとスケジュールやジャーナル管理をどうするか悩みます〜。

かなりお得!Dollarama掘り出し物の見分け方

Dollaramaって、チープな物ばかりではないのが面白いところです。
ダラーショップ用に作られたものではない、メーカー処分品が流れてきてたりするんですよ!

例えば本。普通に本屋で売っているものが、3ドルなどで売られているんです。Amazonで見ると20ドルとか30ドルとかで売られていたりする物がある!Kindleで買うよりずっと安かったりします。
在庫がありすぎたとか傷があるとかで、アウトレットで回ってきた感じ。

実際に今回紹介したジャーナルブックも、カナダの文房具屋Staplesのウェブサイトで見たら10ドルで売られてます!Goals Journalなんて、Amazonでは20ドル・・・😳

色鉛筆も、Staedtlerというドイツ製のものが3ドルくらいで売られていたことがありました。

見分けのポイントとしては、こうした掘り出し物には値段がシールで付いているところ。
ノートや今回のジャーナルなどには、帯で付いている場合もあります。

ま、ある意味チープかそうでないかは見た目でわかることが多いですが!

カナダでDollaramaへ行く機会があれば、他でもっと高く売られているような、こうしたアウトレット品を探すのも面白いかと思います!

私もまた見つけに行くぞ〜🛍🎶

 


⬇️ランキング参加中!クリックしてくれたらウキっと喜びます!🐵💖⬇️

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

カナダ(海外生活・情報)ランキング

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP