メニュー 閉じる

マリファナ合法化におけるトロント警察のツイートが面白い

公開日 2018.10.17 (水) 最終更新日 2021.02.16 (火)

カナダのマリファナ合法化に際し、トロント市警察が「Do not call(通報しないで)」キャンペーンのツイートをして、ニュースでも話題になってます。🐦


「道に迷ったからって、9-1-1(警察の番号)に電話して聞かないでね!
大麻を吸っている大人がいても同じだよ!
大麻は2018年10月17日からもはや違法じゃないよ!車の中以外、タバコが吸える場所ではどこでも使用することが許可されるよ!警察に通報しないでね」

別バージョン。


「自分の携帯が使えなくなったからって、代わりに友達に連絡して欲しいなんて9-1-1に電話しないでね!
近所の人が大麻を育てていても同じだよ!
大麻は2018年10月17日からもはや違法じゃないよ!一家庭につき、大麻の苗を4つまで所持することが許可されるよ!警察に通報しないでね」

さらに別バージョン。


「冷凍された肉を停電の時にどうしたらいいかなんて聞くために、9-1-1に電話しないでね!
近所の家からマリファナの匂いがしても同じだよ!
大麻は2018年10月17日からもはや違法じゃないよ!19歳以上全ての人の使用が許可されるよ!警察に通報しないでね」

ちなみに、これらの事例は実際に警察が受けたものらしい。「*Actual call made to 9-1-1」って小さく載ってる。

なんとも、どこまでも平和な国だなあ🙄🇨🇦

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP