メニュー 閉じる

バンフでの夢語り

なんだか急に思い出した。
カナダ・ロッキー山脈の観光の拠点地、バンフで働いていた時のこと!

2009年の6月初めから2010年の10月の終わりまで、そこの地元写真店に勤務しながらポスターやTシャツなんかをデザインしたり、カメラやアクセサリーを売ったり、証明写真を撮ったりって仕事をしてた。

当時。一応仕事中。
banffphoto
あたしは小さい方の店舗に一人体制で働いてて、向かいには仲良しの日本人の子が働くおいしいコーヒーショップがあって、店を抜け出してその子にクッキーをおごってもらったりしてたことも。

透き通りまくった空と空気、山という山に囲まれまくったバンフでの約1年半。
懐かしい!!

って話を戻すと、その店にある日40代くらいの男性客が一人でやって来た。
確かアメリカ人だったかな。
最初はメモリーカードだか何かを探していて普通に接客してたんだけど、「君はどこ出身なの?」って聞かれた流れで身の上話になった。

東京での仕事を辞めてカナダへ来て音楽カレッジを卒業したことや、移民を取るためにフルタイムの専門職で働いていること、そんなことetc。
バンフは観光客だらけで世界各国からいろんな旅行者が来るため、世間話になるのはよくあることだった。

そしたら彼が真剣な目をして微笑みながら一言強く
「夢を追い続けるんだ。誰もがみんなそうできるわけじゃないんだから。」
なんか、彼自身いろいろあったのかなって感じのニュアンスで。

妙にあの時の光景がフラッシュバックするなあ。
あの時持っていた将来に向けた強い気持ち、今の自分は持ち続けているだろうか。

現実と夢を上手く一致させる努力、もっとしなければと切実に思う夏でした。
身体動かすぞ!

おまけ。バンフに住んでた時の写真。
バンフのメインストリート。右で微笑んでいる子は当時の同僚&ハウスメート。
banff2
住んでいた家の前にエルク出没。 😯 人んちの庭で草食べてる。。鹿もよくその辺にいた。
banff1banff4

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP