メニュー 閉じる

アフリカからのゲスト

先週末、アフリカからホームステイの受け入れをしました!

JICAの青年研修事業で、アフリカ地域5カ国(アルジェリア、チャド、マリ、モロッコ、セネガル)から14人の若者が秋田に2週間滞在。職業訓練教育や秋田の文化を学ぶというもの。

この事業にホストファミリーとして協力するのは今回3年目になりました。
2012年はタイ、13年はフィリピン、そして今年はアフリカのチャド。

タイの女性は英語がいくらか話せたし、フィリピンからの男性二人は英語が公用語だけあってもちろん話せた。

そして今回受け入れるチャドの男性。アフリカは国によって公用語が違うらしいけど、チャドはフランス語とアラビア語とのこと。
他国に研修に来るくらいだし、英語が少しでも話せるかどうかドキドキしつつ迎えに行ったら。。。

全く話せないらしく!! 😯

さらに厳格なイスラム教。今年は6月28日から7月27日までラマダンとのこと、日中は飲食一切禁止なのだとか。
日没後はOKだけど豚肉、タバコやアルコールはもちろん、コーヒーやお茶もダメ。

この暑いのに飲み物も禁止とは!!!

そして一日数回、お祈りの時間と方角も決まっている。

これは今までで最もハードルが高そう。。。

通訳が立ち合ってくれるのは受け入れ面会の時だけで、その後は昔買った電子辞書、そしてiPadに入れたアプリをフル活用して必死で交流。

微妙にたじろいだけど、研修生の彼はコミュニケーション指導をしているらしくてとっても気さく。
話の繋ぎに、自分が覚えている1曲のフランス語の歌を歌ったらめっちゃうけてた。 😀

それにしても言葉が通じないとは言え、陽気な彼は弾丸のようにやたらとしゃべるしよく笑う。
運転中、通じないのを分かっていながらフランス語でずーーーーっと何か話してくる。

運転している時は辞書が使えないから延々とノリで会話。
向こうはフランス語、私は英語と片言のフランス語で話すというちぐはぐさ。
適当に話を合わせるか「Je ne comprends pas!(わかりませーん!)」と言うしかなく!

さらにフランス語だけじゃなく「アラビア語ではこう言うんだよ」と教えてくる。
フランス語だけでいっぱいいっぱいだからほんとやめて〜〜!!

本気でめまいが起きそうになり、ほとんど笑って終わらせるノリになってました。

カナダに住んでた時にフランス系カナディアンともかなり関わったけど、完全なフランス語圏にいたのはほんの短い期間だったし全然勉強しようともしなかった。
今頃になって後悔。

ホームステイ一日目の26日は三種町のサンドクラフトからの男鹿ロックフェスティバル、そして夜はセリオンの花火へ連れて行きました。
20140726_471 20140726_508 20140726_660
内陸部出身だからか、海水を何度も舐めて「塩!塩!」って驚いてた。おもしろ!

民族衣装的な服を着て背が高いアフリカ人の彼は、どこへ行ってもやたらと目立って注目の的。
行き交う人に「コンニチハ〜、コンニチハ〜」と笑顔で挨拶して一気に人気者に。
誰これ構わずいろんな人と写真を撮りまくり、会話にならない会話ですっかり打ち解けてた。
すごい。

この日は猛暑。あたしが「暑い暑い」と言っていたら、
「僕の国は45度あるからこのくらいは涼しいよ。フレッシュフレッシュ!ハハハハハ!!」と!
ひえ〜〜。

その割には寝る時しっかり扇風機かけてました。 🙂

二日目は友人家族とジェットスキー!の予定だったけど、あいにくの雨で大森山動物園へ。
20140727-4820140727-5520140727-62
やたらと溶け込んでいる。。

その後イオンへ行って意味なくプリクラを撮りました。一体何年ぶりだろ?!
pricla
もんのすごい爆笑する彼。

昨夜は秋田最後の夜で、お別れ会の後に家族でちょっと外出しました。

もう一人チャドから来たと言う男性も一緒に行ったんだけど、彼はイスラム教ながら一人アルコール飲みまくり。
飲酒禁止は建前なのか、彼がワイルドなのか?

ラマダン中も試食してた人いるって聞いたから、厳格さは人それぞれなのかも。
ちなみにその彼は奥さんが二人いるらしく!初めて一夫多妻の人に会った!

別れ際、何度も何度もお礼を言う彼ら。
うちにステイした彼は、涙を浮かべて感謝の言葉をずっと言ってくれてた。
(ごめんなさい、何言ってるか微妙にわからなかったけど)

そして今朝はいよいよ秋田を離れる日で、お見送りに。

でかい身体で秋田銘菓金萬をほおばりながら新幹線こまちに乗り込む研修生。
「28個食べました」って言って欲しかったーー!!完全に写真撮るタイミングを逃してショック。

動き出すこまちの窓から手を振り、涙を浮かべてる人達も。

2週間の秋田滞在を終え、無事東京へ向かった彼ら。明日は成田から帰国だそう。
秋田は研修生達の目にどう映って、どんな違いを感じたんだろ。

フランス語圏の人達だったから、言葉ではたくさんの情報を得ることが出来なかった。
もっと自分もアフリカのことを知りたいなあと思う。
英語以外の語学力やコミュニケーション力をもっと鍛えたいな。やっぱり語学は必要性を強く感じる時に覚えるものだなと改めて思います。

何はともかく、秋田のことをずっと覚えていてもらえたら嬉しい!
そして彼らのその貴重な時間に少しでも関わることが出来て嬉しいです。
また会いたい!

Vous êtes merveilleux! A bientôt! Merci beaucoup!!

JICA、国際交流友の会、研修生の方々、今年も貴重な体験をさせて頂きありがとうございました!

その他の写真。
20140727-1520140726_68120140727-21
左:足がでかくて、プレゼントしようとしたぞうりが履けない!
中:甚平をプレゼントして着てもらったところ。やたらと似合ってる!
右:デーツ大好きなんだと言ったら、チャド産のデーツをもらった!初のチャド産!今まで食べたことのない固さでおいしい〜!Merci!!

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP