メニュー 閉じる

フィリピンからのゲスト

公開日 2013.08.09 (金) 最終更新日 2021.02.17 (水)

暑くて夏バテ気味な今日この頃! 😯

竿燈祭りも終わってしまって何だか寂しいです。

その竿燈祭り開催中の3日と4日、うちに楽しいゲストが来ていました。
国際協力機構(JICA)の青年研修事業で先月末から7日の朝まで秋田に来県していた、フィリピンの農業担当者17名。
そのうちの2人が、ホームステイで我が家に滞在したのです☆
去年はタイから観光事業の研修生の女性1人を受け入れましたが、今年は男性2人。

天気にも恵まれ、秋田のあっちこっちに出かけました。
自分にとってもほとんどが初めての経験だったので、彼らを案内していると言うより単に一緒に遊びほうけていた気が!

8月3日!午前中に彼らをホテルでピックアップした後、三種町へじゅんさい丼を食べに行ってからじゅんさい摘み採り体験へ。
写真-8 IMG_0003 IMG_5452
大好きなじゅんさい、初めて摘み採りというものを体験したんだけど、なんかクセになりそうな感覚でした。
親指の爪でぬめぬめぷちぷち切っていく感触がたまらない〜!
茎の下の方に付いている新芽を一緒に摘み採るのが結構大変。
研修生の彼らは農業従事者なだけに、なんだかものすごくサマになっていました。
楽しかった〜!!

IMG_5508
その後は釜谷浜サンドクラフトへ行き、能代七夕!一世紀ぶりという貴重な天空の不夜城を観に行きました。
大きい! 😮

IMG_5581
4日の朝は、なんとうちの畑をトラクターで耕してもらいました!

普段は手で耕しているという彼。トラクターを運転するのは初めてだったそう。
英語の話せない父の指導の元、見よう見まねで覚えたトラクターに乗って畑全体を耕す。かなりの腕前で、父絶賛。
それでも「もっとうまくやりたい、覚えたい」と熱心な彼。

朝食に前日採ったじゅんさいを食べ、朝からギターやピアノで歌ったりけん玉大会をしたりして大騒ぎした後、なかいちの竿燈妙技会へ。
竿燈体験をしたのだけど、彼ら初めてなのにかなりうまい!!
IMG_5659 IMG_5682 IMG_5693
他の人がやってるのをずーーっと観察してコツを掴んだという彼ら。私も地元民にもかかわらず彼らにアドバイスをもらってトライしてみたものの、微妙(汗)

県立美術館にも立ち寄り、ショッピングセンターでランチビュッフェ、そして夕方はこの日だけ行われた竿燈市民パレードに秋田県国際交流協会に交じって参加!
それぞれの国の衣装を着てパレード。楽しい!
IMG_5786 IMG_5818 IMG_5825
フィリピンの正装は、パイナップルの繊維で作られた生地の服。透け感があって爽やかですごく素敵。
自分はネパールの衣装を着ることに。日本とネパール両方の国旗を手にして歩きました。
「ネパール人って言ってもみんな信じると思うよ」とフィリピンの人達に言われ。
以前もフィリピンの子をホームステイで受け入れたことがあったけど、どっかのおじちゃんに
「どっちフィリピン人だげ?」って聞かれたことがあったな。。。

IMG_5864そしてもちろん竿燈観覧!!!
「あの提灯はどうしてああいう形をしているんだい??」
「提灯には何て書いてあるんだい??」
「提灯についてるネコの絵はなんだい??」
「中の光は電気かい??」
「竿燈は男性ばっかりやるものなのかい???」
「どっこいしょって、どういう意味???」

エンドレスで始終質問を投げかけてくる。誰かどっこいしょの意味教えて〜〜〜!
それでも意味不明ながらに手を叩いて「どっこいしょーどっこいしょ」って一緒に叫んでる彼ら。陽気だなあ。

その後ホテルへ送り届け、ホームステイ終了。 🙁

5日、6日は県庁訪問や研修発表など業務に関わっていた彼ら。
6日の夜は研修生とスタッフ、ホストファミリーが揃ってお別れパーティーでした。

私は仕事の後に終了間際でギリギリ駆け付け、ホームステイした2人と一緒にウクレレで歌を披露。
みんな陽気でノリが最高にいい。全員歌いだして大盛り上がりでした。

その後は戻り竿燈へ。
楢山の戻り竿燈
竿燈開催と同時にうちにやって来て、竿燈が終わった翌日、7日の朝に秋田を発って行った研修生達。なんだか祭りの終わりと入り交じって、妙に切なかったな。
IMG_5905
国が違えど通じる心は一緒。これだから国際交流は面白い☆
今度は自分がフィリピンへ行きたいです。

シェア

関連投稿

2件のコメント

コメントを残す

TOP