メニュー 閉じる

過去の記録と異国のこと

公開日 2013.05.19 (日) 最終更新日 2021.02.17 (水)

以前2004年末から2010年末まで書いていたブログを、たまーにちょっと見返すときがあります。
東京でのOL生活からカナダにワーキングホリデーに行くことを決心し、仕事を辞めてカナダに飛んでから帰国するまでのブログ。
結局1年のワーキングホリデーの予定がいろいろあって5年半に延び、その一部始終を残した海外生活の記録です。

ワーホリ→学生→就労と3つのステージがあり、今までの人生の中で自分自身の価値観に大きく影響した、とてもアップダウンの激しい5年半。
なんだかほんとに毎日がドラマで、泣いたり怒ったり笑ったり焦ったりピンチになったり救われたり、今ここで改めて振り返ってみるとまるでギャグかと思うくらい色んなことが起き、自分が常識と思う枠からかけ離れた人種や出来事に遭遇してた。
それまで家を出てから東京でずっと一人暮らしをしていて、海を渡って初めて知り合う違う人種の人達との共同生活。

こっちに帰ってきてもう大分経ち、比較的そういうものを忘れていました。
ある程度自分が把握している「常識」の中で難なく毎日を過ごせる幸せ。
一生懸命にならなければ生活できなかった頃と違い、言葉で苦労することは何一つなく、それゆえに甘えてしまえる幸せ。
何だかあの頃の危機感を持って、もっと一生懸命にならなければなあと思います。

去年東南アジアから秋田にホームステイをしていた自分の知り合いが、今テロで騒がれている地域に住んでます。
彼にとってはそこが故郷で。
自分の生まれ故郷が過激派のために荒れているって、一体どんな感覚なんだろうと思います。
「状況はシンプルさ!(笑)でも俺まだ生きてるよ、はは」

話は飛びましたが、普通に生活ができて外を歩き平和に暮らせるこの地に生まれたことに感謝して、ちょっと反省して毎日を過ごさなきゃと思いました!

シェア

関連投稿

2件のコメント

  1. カナダのみすず

    心が落ち着く時期も人生の中では必要かと・・・・
    私もどちらかというと、言葉とかに何年も前から疲れてきていますよ。笑。
    自分が勉強しないから悪いんですけどね?。
    文化の違いに疲れたり助けられたり。。。。
    あと5.6年もすれば、日本で暮らしていた人生の時間よりもカナダでの生活のほうが長くなってしまう。不思議な気持ちです。私はこんなにも日本人なのに・・・・。
    生まれてから、思春期までの環境で人はある程度定まるものなんだなぁ?なんて思います。
    まぁ?、すべての人に当てはまるわけでもないけどね!

    どこに居ようと、感謝の気持ち、表わし方が大切ですよね。

    • Yukiko

      みすずー!
      ここでの初コメントありがと!!
      言葉。疲れるよね。。勉強してもある程度話すようになっても、やっぱ母国語に戻りたい時あるよね。たまに行く旅行ならいいけどさ。
      最近話してないよね。たまにスカイプetcしよう!
      海外生活長くなると自分が日本人なのに不思議な感覚になるのは分かる。(まあ自分はみすずほど長くなかったけど)そのバランスがもっと崩れそうでまずは今ここにいるんだけど。。でも常に気持ちは色んなとこに向けたいなって思うよ。
      ちょっと今は落ち着きすぎな感じだけど(汗)
      でも恵まれすぎてる環境にいると思ってる。当たり前と思わないようにしないとな。

コメントを残す

TOP