メニュー 閉じる

バンフのカフェラテ

公開日 2011.06.25 (土) 最終更新日 2021.02.11 (木)

今朝、友達のブログ見てたらなんかものすごく懐かしくなりました。
カナダで最後に住んだバンフでの大事なお友達、けーこちゃん。
わたしの働いていた写真屋のちょうど向かいのカフェで働いてて。

バンフに移り住んだその日、引っ越しを手伝ってくれたカレッジのお友達とそこのカフェに入った時に見かけてた。
あ、かわいい日本人が働いてる。しかもむっちゃ頑張ってる、って印象。

それからしばらくは友達って感じでもなく、よく見かけるなーって子だったんだけど。
自分が仕事中にそこのカフェに毎日のようにコーヒーとか買いに行くようになってから、仲良くなりました。
よくクッキーとかコーヒーとかサービスしてくれちゃったりコーヒー

そしてバンフコミュニティー講座の同じ短期ESL(英語集中レッスン)に通ったり、そのうち彼女がわたしの家の側に引っ越して来たりして、遊ぶ頻度はmaxに。
仕事中もプライベートも、ほんと毎日のように会ってたなー。

彼女のカフェラテはバンフで一番おいしいと定評があり、ラテアートもとっても可愛い。
いつもあたしはソイラテを作ってもらってたんだけど、あたしがバンフを去る日にはこんなスペシャルなラテを作ってくれた。

うがー!かわいすぎる!!!ラブラブ
しかもこの子、最後まで残ってたし。

犯罪並みのかわいさです。

バンフは普通にリゾート滞在して遊びつつお金も貯めよ~♪と言う子がとっても多いのですが、その一方、高い志を持った子もいます。(ちなみに自分はあまりの金欠のため、確実に仕事の多いバンフに出稼ぎに出た型なのですが)

けーこちゃんはその高い志を持った一人で、将来自分のカフェを経営するために切磋琢磨してる。

わけの分からない仕事をする(そもそも仕事する気のない)リゾートエンジョイ型オーストラリア人やカナダ人に振り回されつつ、日本人としてのすばらしいサービスをカフェのスーパーバイザーとして日々提供してる。アップ

そんでいつもいつもお客さんから、サービス、ドリンク両方で最高の褒め言葉を頂いている彼女。

なんて素晴らしいキラキラ

あー、彼女のブログ写真見てたら、ほんと空気のおいしいとこに住んでたなあと思います。
壮大この上ない。

町のかわいさやきれいさとしてはネルソンの方が上だったけど、自然の大きさはカナディアンロッキーにかなうところはそうそうないでしょう。

自分のバンフ生活は、なんだか彼女の入れてくれるコーヒーや彼女とのカフェタイムでかなり潤いをもらってました。
将来の夢のこととかカナダや日本のこととか、いろいろ話は尽きなかったなー。

いつか彼女のカフェでライブをするというのが共通の目標だったり。
カナダか日本、どっちにそのカフェは出来るんだろうね。

会いたいぞー。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP