メニュー 閉じる

なるほど

ああ、課題が終わらない。
はかどらない。

週末は丸二日かけて課題に取り組み、日曜は一日中部屋にこもって曲作りしてみた。

終わらない。

学校へ行ってみんなと顔を合わせると、どちらからともなく半ばあきらめが入ったような、深い哀愁の微笑を浮かべてため息を漏らす。

あまりの忙しさに、同じ学年で妙な連帯感が生まれている。

クラスの心優しい男の子に愚痴ってみた。

「一年のときと比べて何なんだろうね、この差。おかしいくらい違うと思わない??」

するとその子はいつものように静かな口調で

「一年のときは、生徒たちが辞めていかないようにってほどほどの課題を出してたんだよ。
二年は最後の年だし別にもう去って行こうが残ろうが勝手にしろって感じで、詰め込めるだけ詰め込める量の課題を出しまくるって考えなのさ。それが僕の理論だね」

・・・なるほど。
よくわからないがなんとなく納得してしまった。

シェア

関連投稿

3件のコメント

  1. Akira

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そんな逆境を乗り越えるのがつっちぃーの男気だね!

  2. つっちー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >あきらっち
    乗り越えてみせますっ。
    ほんと音楽理論っつーものは、ないクリエイティビティーを助けるためにあるもんだっていう持論が出てきたよ。

    >あきちゃん
    こうして頑張る時期が必要だ。てんきゅう、楽しみつつ頑張る[絵文字:v-22]

コメントを残す

TOP