メニュー 閉じる

カップじゃなくて月経ディスク

公開日 2021.02.24 (水) 最終更新日 2021.02.26 (金)

前回の記事に引き続き、また女性向けのヘルスケアネタです。🚺

以前、月経カップの記事を何度か投稿してました。1度目は2006年に書いた記事、近いもので2012年に書いた記事(もう9年経つけど!)。

月経カップの記事一覧

わたしはBC州に留学中の2006年から月経カップを使い始めたんですが、その前の2005年に、カップとはちょっと違う形状のものを使ったことがありました。

ここ数年、久々にその形状のものがかなり出回っているようなので、紹介したいと思いますっ📝

それは、月経カップとはちょっと違う、月経ディスク!

月経カップ前に試した使い捨てディスクのこと

わたしは月経カップを買う前に、「Instead Softcup」という使い捨てのものを一度使ったことがありました。その当時は「ディスク」って言葉は聞いたことなかった。

カレッジの友達が「これわたし使わないからあげる」と譲ってくれて、試しに使ってみたのでした。

この商品、2016年に生産中止になり、Flex社が買い取ったそう(Softcup 2016年度のニュースレター参照)。

その後Softcupは再度販売を開始し、2018年にSoftdiscという商品名に生まれ変わっています。「カップ」という名称だと形状の違う月経カップと混同するため、「ディスク」という名前に変えたのだとか。

2005年当時にInstead Softcupを使ってみた時は、数時間してから謎にどうしようもなく具合が悪くなって外した記憶があります。何が合わなかったんだろう?

「使い捨てじゃなくて、繰り返し洗って使えるものもあるの!」と言う友達の言葉で月経カップの存在を知り、カナダで販売されているDivaCupを店頭で買って使い始めたのでした。
それまで「生理用品=使い捨て」という知識しかなかったから、かなーり衝撃だったのを覚えてる😳

当時クラスメートの女子達に「使ってる?使ってる?」と聞きまくったところ、カナダの女子の中ではタンポンが主流で、この手のものを使っている子はほとんどいませんでした。

月経カップと月経ディスクの違い

月経カップと月経ディスクを両方扱っている、Flex社のインスタの写真。

カップは文字通りカップの形で、ディスクはリング状。
両方とも経血を中でキャッチするという点が共通しているのだけど、取り付ける位置に大きな違いが。

一言で言ってしまうと

カップを付けるとHが出来なくて、ディスクは出来る👫💕

カップはタンポンと同じくらいの位置に取り付けるのに対して、ディスクはもっと奥、子宮口の方に取り付ける構造。

個人的に月経カップは、付け方や物によっては座った時に違和感があったりする。
でもディスクは付けていてほとんど何も感じないと。

この方のビデオが結構わかりやすい!

月経ディスクの種類いろいろ

2021年現在市販されている、月経ディスクの種類について!

使い捨てタイプ

すでに記憶の隅に追いやられている程、だいぶ前にわたしが最初に試したInstead Softcup。先に紹介したように、現在はSoftdiscという新商品に変わってる。

そのSoftdiscと同じ会社、Flex社から販売されてるFlex Disc。以前日本のアマゾンでも扱っていたりしたので、結構知られているみたい。

洗って何度も使えるタイプ

数年前から流通している繰り返し使えるディスクは、わたしが知っている限り以下の商品があります。

INTIMINA Ziggy Cup(アメリカ)

蜂の巣みたいなデザインがユニーク。これは完全円形じゃなくて、左右非対称の円みたい。そのため挿入する時どっちが前か後ろか確認する必要があるらしい。

Lumma(アメリカ)

個人的に一番欲しかったLumma。
これ、ディスクの中で唯一引っ張れるステムが付いてる。サイズもS, M, Lから選べてカラーも3種類。洗って使えるタイプの中で、一番縁の部分が硬くて取り扱いしやすいみたい。

Nixit(カナダ)

パッケージに惚れたnixit。キャリーバッグのデザインも、ディスクの色も可愛い😍
縁は3つの中で一番柔らかいみたいです。人によってはそのために扱いづらいと言う意見も。

この会社では、ディスクという名称じゃなくてカップと名乗ってます。

オススメはどれ?

環境もお値段も考えると、やっぱり使い捨てより何度も洗って使えるタイプの方が気になる!

このYouTubeで、繰り返し使えるタイプの3種類が比較されています⬇️

約15分の映像を超手短&自己流にまとめると、

  • リム(縁)はLummaが一番硬く、次にZiggy、一番柔らかいのがnixit。
  • 彼女的に使いやすいのはLummaのラージサイズ、その次にnixit。
  • Lummaはステムがついてるので、手を汚さずに中の経血を捨てやすくて便利。

これを見て、わたしが個人的に一番狙っていたのがアメリカ製のLumma。
しかも2個買うと1個の値段!ってキャンペーンもしてたし買う気満々でウェブサイトから購入手続きをしていたところ・・・

なっ、ない!住所選択先にカナダがないーーーーーー!!!!!😱🇨🇦

redditの投稿によると、カナダでライセンスを取っていない理由から、この商品をカナダに送ることが出来ないみたい・・・。日本への送付は大丈夫。

Medical device recall for Lumma cups and discs in Canada from menstrualcups

と言うことでZiggyかnixitのどちらかとなったわけですが、無難にカナダのnixitを注文しました。

カナダに住んでいるなら、2021年2月現在、直接会社のサイトから買うよりもWell.caの方がちょっと安いです。

以前使い捨てのものが身体に合わなかったので、今回買った商品が果たして自分に合うかどうか賭けですが・・・

届いたらレビューします!

⬇️ランキング参加中!クリックしてくれたらウキっと喜びます!🐵💖⬇️

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

カナダ(海外生活・情報)ランキング

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP