メニュー 閉じる

カナダの痛み止め

公開日 2017.01.15 (日) 最終更新日 2021.02.17 (水)

2017年も楽しく毎日を過ごしているものの、ちょっと年明けから胃と腰の調子が悪く。
急に腰が痛くなったり、コーンチップスを食べて胃痛を起こしたり。
結構身体的にはきつめの日々です。

いろいろ調べたら、ビタミンBとビタミンDが腰痛に効くとかどうとか。
とくにビタミンB12は、あまり肉を食べない自分にとってはかなり摂取した方がいいのだとか。

そんなんで、スーパーにサプリと痛み止めを買いに走りました。DASH!
いや、正確に言うならば走れないので、腰を微妙に曲げながらゆっくり歩いて行きました。

自虐ですが、我ながらババア・・・。

サプリと痛み止め。セール中でお買い得。

私、普段は薬を一切飲まないようにしてます。痛み止めを自分で買ったのも初めて。
出来れば薬って飲みたくないけど、正直そんなこと言ってられないほどキツい。

薬って日本ですら何買えばいいか迷うけど、ましてカナダ。
とりあえず薬局の人から勧められた、腰痛に効果があるらしいものを買って来た。

このアレーブという痛み止めってどうやら鎮痛と消炎両方の効果があるらしく、薬局で聞くと腰痛などにいいとの話。
帰って来てよくよく調べてみると、このALEVEはナプロキセン配合のNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるものらしく。
効き目が比較的強力で長続きするけど、胃が弱い場合避けた方がいいとかどうとか。日本だと「ナイキサン」という薬が同等らしい。

そしてこの非ステロイド性抗炎症薬、心臓麻痺・発作の危険性ありとの勧告があるのだそう。継続的使用に関して、カナダでは5日以内と制限されているのだとか。

げげっ!😱💣

他にもカナダでよく売ってるAdvilとMotrinは、日本の薬イブと同じイブプロフェン配合。これも非ステロイド性抗炎症薬。

どうやらそういう心配もなく一番胃に優しいのが、アセトアミノフェン配合の日本でも売られてるTylenol。効き目は緩いけど、副作用が最も少ないらしい。
そんなんで今日交換して来ました。

ちょうど1年前に買った和らぎグッズをカナダに持って来ていたのを思い出し、昨日寝る前にファイテンチタンバンエクセルスパイラルテープを腰に。

一気に歳取った気分・・・。

でも今朝起きたら歩くのも辛いくらいだった腰の痛みがほぼ無くなってました!感動!
一応痛み止めを用意したものの、結局飲まないで平気っぽいです。よかったー。

ちなみにカナダで売られてるタイレノールは強さに色んな種類があって、一番弱いものでも日本のものより強いみたい!
いくらやさしい薬と言っても、カナダでは成分の配合量が日本より一般的に大分高いので、日本の薬の容量とよく見比べて飲まないとキツいみたい。

日本のタイレノール。
1錠につきアセトアミノフェン300mg。飲める量は1日3回まで。と言うことは計900mgまで。

カナダのタイレノール。種類も多いしかなり安い。

子供用から夜用などなどとにかく色々あるんだけど、大人用の一番穏やかなのが今回買った「Regular Strength(普通の強さ)」。これが1錠につきアセトアミノフェン325mg。
Extra Strengthは1錠500mg、Extended Reliefは650mg。

飲める量は1錠500mgのExtra Strengthで4〜6時間置きに1錠、1日8錠以上の服用禁止。言ってみると、4,000mgまでは良いとされてる!

日本の摂取量より4倍以上多いし!!

カナダの薬の説明書を信じて飲むと、日本人にとっては結構キツそうだな・・・。
胃や肝臓があっさりやられそう。
やっぱりこっちの人達って、内蔵強く出来てるんだろうか。
特に自分は薬飲み慣れてないし、どれを選ぶにしても一番弱いのを買った方が良さげ。

ドラッグストアで薬を買う時には、成分をきっちり調べて日本の薬の配合量と照らし合わせた方が良さそうです!

何気にここ数年胃も弱い自分。腰の痛みに加えて今日は胃もたれを起こしていて辛い。
こんな時に胃に負担のかかる薬なんて飲めやしないさーー!😭

ほんとは飲まないで済むのが一番なんだけど。
万が一の海外生活のために、念のために1箱だけ持っておこうっと。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP