メニュー 閉じる

急病

この冬からうちの犬がどろっとした鼻水、たまに鼻血が混じる症状が気になってました。
先月病院に連れて行ったらアレルギーが出ていたので薬を飲ませていたんだけど、鼻の片方からだけ垂れてくるのも疑問点があるなと。
いろいろネットで調べていたら腫瘍による可能性もあるらしく、深刻であればファイバーでの鼻の検査、もしくはCT検査をやる必要があるかもしれないとのことで。
それでもまずはアレルギーが出ていたこともあって、また片側から異物を吸って炎症を起こしている可能性もあるとのことで、薬だけを飲ませてました。

薬が切れた後にまた血が混じった鼻水が軽く出ていたので、金曜に予約をとって昨日病院に連れて行きました。
受診中はいたって元気で、お医者さんにも愛想を振りまいていて薬だけもらって来て。そして病院の後用事を済ませつつ、犬同伴OKのカフェに行ってそこでまたお店の人やお客さんに可愛がってもらい、元気そうにしてた。

なんだか途中喉が渇いていそうな感じなのが気になったけど、11時に家を出て3時に戻ってくるまでの4時間だから、いつもであれば家まで我慢できる範囲内で。
家に戻ったらやっぱり喉が渇いていたようで水をガブガブ飲んでた。

その後1時間くらい後に、嘔吐して倒れているのを見つけて。意識はもうろう、目も焦点が合わず呼びかけにも反応せず、全然動かない。
慌てて病院に電話して再度連れて行ったら、血圧かなり低下でショック状態。午前中担当してくれた先生も、「午前は全然こんなんじゃなかった」と当惑状態で。診察を受けているときから下痢に混じっての血便。便がなくなると、肛門からそのまま下血。
点滴を打ってもらってケージに入っていたんだけど、下に敷いてあるシートを5、6回くらい取り替える程何度も多量に下血したので止血剤を点滴に混ぜ、さらに注射も2本打って頂いた。
ほんとに血がお尻からどんどん出て来て、一面血だらけ状態。なんか数時間前元気に愛想振りまいてたのに悪夢みたいでくらくらしてきた。

血液検査の結果、DICと判断されました。何のことか分からなかったけど、血液の中で本来起こるべきではない凝固反応が起きて、結果として出血が止まらなくなるとのこと。非常に危ない状態で、即入院。
ネットで調べたら、播種(はしゅ)性血管内凝固症候群というのだそうです。

DICは何らかの疾患が原因で起こるもので、その原因を除去しないといけないとのこと。でも何だか分かりません。

一緒にいた時に喉が乾いた様子だったのも影響してるのかなあと。熱中症やショック症状も原因になるらしい。暑かったわけでもないし。。むしろ肌寒い程で、立ち寄ったお店ではストーブつけてたくらいだったし。でも犬にとっては身体が弱ってたら引き金になるのかな。。車に乗る時に鼻先をドアにぶつけてたけど、あれが原因なのか。でも普段だって結構いろんなとこにぶつかったりしてるし。

例えば腫瘍が原因だったとして取り除く手術をするにしても、DICを起こしてると血が止まりづらいから危険なのだそう。その前にそもそも今検査で全身麻酔を受けられる状態じゃないし。

今は点滴と止血をしてもらっているので大分回復した様子だけど、ちゃんと正常値に戻るまでは外せない緊急状態で。
一度元気になると安心するけれど、それはあくまでも今薬の力でそうなっているだけで、病院から出たらまたいつ状態が変わるか分からない。

動物は言葉が話せないし、飼い主が早急に気付いてあげないとギリギリまで我慢してる。ちょっとの変化が一大事だったりする。おかしいな、って思っても大したことないと見逃していると病状が知らぬ間にどんどん進んでたりする。少しでも元気がなかったり、何か訴えているようだったり、態度に違いがあるのを見逃しちゃいけないのに。

比べるのも申し訳ないけど、うちの家族では初めての血統書付きの犬で、そしてずば抜けて人懐っこく聞き分けが良くて家族に溺愛されてた子だけに、あまりに見ててつらい。
きちんと小さな変化に敏感に気付いてケアしてあげられるようじゃないと、飼ってる資格ないなって思いました。何か見逃さずちゃんと喉乾いてたらすぐ水あげたりとか、疲れてたら休ませたりとか新鮮な空気吸わせたりとか、そういうのちゃんと出来てなかったせいで引き金になったのかも。例え腫瘍があるかもしれないにせよ、いきなりの容態の変化って、きっと何かの弾みで来てるはず。わからないけど。

まずは様子を見て、今の症状を緩和させてもらってからです。
忙しい中手当てしてくれてる親切な病院の先生方に感謝。
血液が正常に戻ってくれるといいな。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP