メニュー 閉じる

ルームメートのトリートメント

公開日 2007.07.04 (水) 最終更新日 2021.02.22 (月)

今の仕事を始めてから2ヶ月、指や手のひらの痛みがずっと取れない。
重い椅子やスツールを持ち上げたりモップを強く握ったり、そんな手の使いすぎが原因。

前にも書いたけど右手の小指は俗に「ばね指」と呼ばれる弾発指になって、指を曲げて伸ばすと弾かれたようになる。
アドバイスをくれたIさん、ありがとう~。

しまいにその指をずっとテーピングでサポートしてたら、テープ貼ってたとこがただれた。🔥

小指だけじゃなくて両手の五本の指が常に痛みを感じてるので、他の指もばね指になりそうで怖い。
手のひらも痛い。

仕事変えたい~!

と言ってもすぐに見つかるかどうかもわからない。

そんなんで、昨日マッサージセラピストのルームメートにケアしてもらった。
凝ってる肩から背中、そして腕と手のひらまで約1時間。
寿司ディナーと引き換えに🌟
セラピストをルームメートに持つなんてほんとラッキー。

ちなみに今一緒に住んでるのはみんな男の人。
管理人のおばちゃんも一緒に住んでんだけど、身内に不幸があってここ3ヶ月ほどずーっとカリフォルニアの実家に帰ってる。
そんなんで今のメンバーはあたしと男4人。男ばっかり!しかもみんな年上で優しい。

一番ここに長く住むのはコンピューターショップで働くT。30代後半。アルバータ出身だったかな?
いつもリビングでテレビ見てる。うちにいる猫は彼に一番なついてる。
パソコンで困った時頼りになる、電化製品担当。

その次に長いのがベーカリーを経営するケベック出身のR。40代半ば。ワイルドでクレイジー。
家には常に彼が持ってくる手作りのパンがある。オーガニック野菜をたくさん仕入れてきたり、秋になるとその辺から栗なんかを採って来たりと、食担当。

去年越してきたのがセラピスト兼大工のD。40代前半。ケロウナ出身。
体のことで心配になったらいつも彼に聞くと、めっちゃ詳しく説明してくれる。
大工やペイントもしてるから、家の壊れたとこも気付くと彼が直してる。修理担当。

最近越してきたのが隣の部屋に住むグラフィックデザイナーのC。見たとこ40代前半。ビクトリア出身だけど親がフランスから来たというだけあって、ケベックではないフレンチ訛り。
最初メローな感じだと思ってたけど、芸術肌で冗談ばっかり言ってて子供好きで、何気にお笑い系。いつもアイディアやインスピレーションを追い求めてる、芸術担当。

そんであたしは、音楽担当?

今のルームメートがカナダに来てから一番いい♪
みんな気さくで面倒見いい人たちばかり。
30代後半や40代にしてこうしてシェアして住んでるところにカルチャーの違いを感じるなー。
それぞれ別に住む彼女がいたり奥さんと別れてたり、いろんなバックグラウンドを持ってる。

あたしは一人っ子なんで、一気に兄貴が4人出来たような雰囲気を味わってます。

それはいいけど、指何とかしなきゃ。。
音楽に影響が出たらほんとシャレなんないわ。

シェア

関連投稿

2件のコメント

  1. むさし

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつもブログ読んでくれてありがとう
    写真 かわいいですね

    たまにゃーコメントくださいね

  2. つっちー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >むさしさん
    ご訪問ありがとうございます。
    そちらのブログでいろいろ学ばせていただいてます~

コメントを残す

TOP