メニュー 閉じる

オンタリオ州のセカンドキャリアプログラム

前の勤務先で、同僚がセカンドキャリア制度について話していたのを思い出し、先週説明会に行って来ました。
覚書のためにブログ記事に書きます。

カナダオンタリオ州のウェブサイト:Second Career

私の友人の一人が、この制度を利用してスキルアップしています。

同僚が教えてくれて初めて知ったんだけど、これはオンタリオ州のプログラムで、解雇されて仕事がない人たちを対象にスキルアップを援助するもの。
学費、生活費など1年で上限28,000ドル(約240万円)までが支給されます。返却の必要なし。太っ腹!
カナダ国民と永住者のみが対象。

審査は結構厳しく、まずは以下をクリアしないといけないみたい。

  • 2005年1月1日以降に解雇され現在週20時間以上雇用されていないこと
  • オンタリオ州在住であること
  • カナダ人もしくは永住者であり、カナダで法的に働く権利があること
  • オンタリオ州に必要とされる職業で優秀な人材としてトレーニングを受けて働く資質があること

 

さらにいろいろ細かい規定が。
カナダには職種のリストNOC(National Occupational Classification)というシステムがあって、各仕事のスキルレベルと分野を掛け合わせて4桁の数字でコード分けされています。
スキルレベルに関してはマネージャークラスは0、大学教育レベルが求められるものはA、カレッジ/専門学校卒業レベルはB、高校卒業レベルはC、未経験でも職場のトレーニングでできるような職種レベルはD。

解雇された後で週20時間以内で働いている職種が、スキルレベルDであることが必要らしいです。

このページにNOCの一覧があります。
National Occupational Classification Matrix 2016

自分の職種がどれに該当するか知るにはこのリンク。
Welcome to the National Occupational Classification 2016

また、過去2年以内に何らかのスキルトレーニングを受けていたら申し込めなくなるようです。

申請対象になっても、その他に様々なポイント制の査定が入るよう。
積極的に仕事を探しているかとか、失業期間はどのくらいかとか、これまでの学歴とか、一つの職種で何年雇用経験があるかとか。

また、セカンドキャリアで受けれる教育は、スキルレベルB及びCの職種、それもオンタリオ州が求めている職種となるようです。

そんなわけで申請対象になったとしても、さすがに簡単には審査を通らないこの制度。
色々細かい規定があるので、これに申し込みたければ最寄りのEmployment Ontarioオフィスで説明を受ける必要が。

もし申請対象になれるなら、学費も生活費もサポートされるのでかなりおいしい制度です!

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP