メニュー 閉じる

スリランカへの派遣医師

公開日 2005.03.16 (水) 最終更新日 2021.02.09 (火)

珍しく雨の一日。
この家には傘というものがないので、家でずっとウクレレ練習したりネットしてたりした。

夜、ホストが
「今夜、スリランカに行っていた医者の友達がエアポートでプレゼンするんで見に行こう」
と言うので何事かと思ったら、インドの津波のレポートらしい。

ネルソンのエアポートは、オフィシャルじゃなくて自家ジェットやヘリコプターなどに使われている。
今夜そこに地元のパイロット達が集まり、彼のプレゼンを聞くのだそうだ。
これはかなり貴重でしょう!!!

その医者の友達というのは、「Bush doctor」いわゆる派遣医師であり、パイロットでもあるという人。
あたしがホワイトホースからここへ来たと言ったら、なんと彼はホワイトホースに以前住んでいたとのこと。
しょっちゅう自分でヘリだか飛行機だか飛ばして行ってるみたい。
すごい!!

それはともかく、プレゼンでは現地の写真をメインに被害状況についていろいろと説明された。
さほど被害を受けていないようなところもあれば、反して建物などが崩壊してひどい状態になっているところも。
両親を亡くした子供達の表情や、重い病気にかかって放心状態になっている人たちの表情、復旧作業や医療現場の様子などが紹介された。

実際にその派遣医師が撮った写真での説明は妙にリアルで、正直ショック。
何もせずにここに座っていることに、なんだか申し訳なさを感じてくる。

帰りにホストとスーパーで買い物して帰ったけど、つくづくありがたい国だなぁって思った。
なんか切ない。

夜は雨が雪へと変わりました・・・
ネルソンへ来てから初めての雪。
寒いです!

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP