メニュー 閉じる

トロント・サブウェイ・ミュージシャン

公開日 2018.10.12 (金) 最終更新日 2021.02.16 (火)

トロントの交通機関TTCが主催する、Subway Musician Program。10月になってついに活動開始することになりました。🚇🎵

TTCサブウェイミュージシャンの公式ページ
TTC Subway Musicians Program

先日TTCのヘッドオフィスでオリエンテーションを受け、ライセンス料を払って契約。
2018年から2021年まで3年間の許可が降り、ミュージシャンの数は90組です。

演奏するスケジュールは、くじ引きで決められました。それぞれスタートする駅と時間を最初に決められ、そこからスケジュール表に沿ってローテーションで回していくという流れ。

基本的には1日のうち6時間、指定の駅に割り当てられます。
自分がスケジュールされていない他の駅が空いていたら、元々スケジュールされたミュージシャンが現れるまで演奏してもOKという決まり。

オリエンテーションでは色んな説明や質問が飛び交ってて、なかなか面白かった。😀

TTC側に実際来た苦情の中には、「毎回同じミュージシャンが一日中Amazing Graceを延々と歌い続けていて、気が狂いそうだ❗️💢」というコンビニ店員からのものもあったそうで。🤣

本来は同じミュージシャンが同じ駅に留まらないようにローテーションでスケジュールを組んでいるんだけど、多分空いている駅を狙ってそこでいつも同じ曲を延々とやる人もいるんだろう。

それにしても一日中アメージング・グレースのリピートって・・・
いくらなんでもさすがにトラウマになりそうだ😅⛪️
そしていよいよ10月8日月曜、サンクスギビングデイの祝日が開始日。🎉
みんなが感謝祭のご馳走を食べているであろう夕方の時間帯から、トロントの西部にあるロイヤル
・ヨーク駅で初バスキングしました。🍾


正直、バスキングに対しては必ずしも誰しもが良いイメージを持ってくれるとは限らない。
ある意味ストリートでお金をくれと頼んでいるようなもの。

一体地下鉄でのバスキングってどうなるんだろうと不安だったけど、初日の感想としては、思ったよりもやっていて楽しかった❗️

サンクスギビングということで客足が少ないだろうと予想していたけれど、ある程度の人達が行き交ってました。駅によるのかも。
ロイヤル・ヨーク駅は比較的層がいいし、通りかかった何人かの人達が足を止めて笑顔でチップを入れてくれました。💰

ありがたや‼️

普段自分の部屋では大きな声で歌えないので、人がいてもいなくても、こうして延々と心置きなく歌いまくれるのは大変素晴らしい‼️🤩🙌🏼🎉✨

知らない人達が通る所で、誰にも頼まれていない状況の中でいいなと思ってもらえる演奏をすること。それに応えてくれる人がいることが嬉しい。

ちょっと柄の悪いエリアもある訳だし、これからやっていく中で色んなハプニングもあるかと思うけど、とりあえず一人ではないということが心強いです。

トロント近郊にお住いの方、もしどこかの駅で見かけたらどうぞ声かけてください😍🙏🏼✨

シェア

関連投稿

2件のコメント

  1. TUCCIEY

    こーたさん

    書道で活動されているとのこと、素敵ですね。
    TTCの中の正式なパフォーマンスは、ミュージシャンのみと認識しています。正式にパフォーマンスできるのは、「Subway musician」と黒く塗られた枠内だけと決められているので。それ以外でやるのは正式ではないので、パーミッションの対象とはなりません。
    一般の路上バスキングの許可はお持ちだと思うので、範囲内にある建物の中に問い合わせてみてはと思います。建物によっては受け入れてくれるところもあるのではと思います。
    イベントなどに問い合わせして出店というのもありかと思います。
    こんな情報しかありませんが、頑張ってください。

コメントを残す

TOP