メニュー 閉じる

各地イベントとタイからのホームステイ

公開日 2012.07.30 (月) 最終更新日 2021.02.17 (水)

7月、あまり更新もしないうちに終わろうとしてます。
もうすぐ8月になるなんて、今年はほんとに時の流れが速く感じる。

崎まつりこと土崎港曳山まつりも終わり、エリアなかいちもオープンし、各地のイベントがあちこちであったりしてついに今週末は竿燈祭り。

昨日と一昨日は、タイの役所で働く職員の方がうちにホームステイしてました。
JICA青年研修と言うことで、20~30代の15名の方たちが岩手と秋田に2週間ほど滞在し、観光振興のため各地を視察するというもの。
うちには田中好子にちょっと似た可愛い女の子が来ました。ラブラブ

会う前に既にFacebookでやり取りをしていたので、コーディネーターに紹介される前に彼女は
「Yuki~~!!」と駆け寄って来た。
人懐っこくよく笑う天真爛漫系。なんか大らかなタイ人って感じ。

一体どこに連れて行ったらいいか迷っていたのですが、ホームステイする前に秋田の名所のほとんどに行かれていた様子。
田沢湖、わらび座、角館、男鹿、水族館、伝承館、寒風山、なかいち、etc。
しかも県庁や市役所をまわって講義も受けてるんで、やたら詳しかったりする。

観光振興の視察だもん、そりゃいろいろ行ってるか。

しかも「あなたにお土産!」なんて男鹿のステッカー渡された。笑
あ、もちろんタイからの素敵なお土産は別に頂きましたが!

タイでは、大分県の一村一品運動をモデルとした「OTOP(One Tambon One Product)」という地域おこし運動があるのだそう。町ごとに特産品を作ることで経済の活発化を図るというもの。
このタイ旅行ガイドページに詳しく載ってる。

政府から「Made in Thailand」であることが公認された生粋のタイ製品なのだそう。
彼女いわく、「私が持って来たお土産はタイ北部のOTOP製品なの!」とのこと。

頂いた緑茶の香りがする象のサシェと、手作りのバッグ!

タイ雑貨ってかわいくて好き。

そんなんで話は戻りますが、主要観光スポットはすでに網羅されていたようで。
秋田の前には岩手の釜石にも訪問していて、津波の被害を見聞きして来たらしい。

結局どこへ連れて行ったかというと、赤れんが郷土館など市内をまわったり、男鹿ナマハゲロックフェスティバルに行ったりしました。
男鹿からの帰り、セリオンの花火をちょっとだけ見ました。イベントだらけ。
昨日は買い物がしたいと言うことで、セリオンの港祭りを見てからショッピングへ。

タイでは日本製品が高いと言うことで、ジーユーやらユニクロやらその他いろいろ買い込んでました。
偶然お買い物中に他のタイからの職員たちにも会ったのですが、やっぱりユニクロで買い込んでました。笑
国内外問わず人気だわー。

あっという間の滞在だったけど、少しでも彼らの滞在が楽しく有意義なものになっていたら嬉しい。
地域を印象づけるのって、ほんとに些細な些細なことから。秋田の印象良くなったかなー。

明日には秋田を出て、明後日の便で帰国する彼ら。
今日は夕方からお別れ会に行ってきます。しょぼん

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP