メニュー 閉じる

3.11

公開日 2014.03.11 (火) 最終更新日 2021.02.17 (水)

あまりにも月並みになってしまいそうで微妙に書くか迷ったけど、震災の日から丸3年。
今NHKで地震のドラマやってるけど、3年経ったから出来ることなのかなあって思います。

震災2ヶ月後一度だけ被災地に少しの手伝いに行ったけど、悲しみとかそう言うのよりもただ現実に直面させられた。
被災地の人達は明るく笑っていたけど、みんな肩はパンパンに張っていて硬かった。
毎週毎週疲れを見せず手伝いに行って黙々と作業をこなす人達の中、自分がやれた事って全然全く大した事なかった。
道路で写真を撮っていたら、車で通りかかったおじさんに怒鳴られた。自分は何もわかっていないんじゃないかと思った。

その中で、荒れた場所にぽつんと建っていたガソリンスタンドと、何度も取り替えられてた仮設トイレの手洗いの水がなんか今も強く印象に残ってる。
必要なものを無言で提供する、陰で支える人の力。

秋田は今日と同じで雪が降ってた。
協力し合える人達のありがたみが身に染みた日。
ろうそくの明かりと、カナダで買ってきたやたらと光るヘッドライトに感謝した日。
日本に帰ってきて良かった、ここでもう少し頑張りたいと思った日。
忘れられるわけはないから、あの日の出来事をドラマチックに何度も振り返るより先に進みたいと思う。

自分が今生きてる事に改めて感謝。周りにいてくれる人達に感謝。
そして震災だけじゃなくとも、亡くなった身近な人達を想う。

被災地の復興と、被災者の方達のより良い暮らしと、日本が正しい方向に進む事を願います。

2011年5月の桜。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP