メニュー 閉じる

トロントでアイススケート!

公開日 2021.12.12 (日) 最終更新日 2022.01.04 (火)

12月に入り、すっかりトロントはウィンターシーズン。

この時期になると、街のあちこちでアウトドアのアイススケートリンクがオープンしています!⛸✨
しかもタダ!

トロントと言えば、フィギュアスケートの羽生結弦選手も在住の都市。これはスケートをやるしかないのだ!

ということで、気になるスケート・スポットをピックアップします!

市が運営する無料スケートリンク

トロント市が運営する、誰でも気軽に利用できる屋外のスケートリンクを使わない手はない!市内のあちこちに点在しています。

上の地図で、市内のスケートリンクを確認できます。かなりたくさん!👆

公営スケートリンクの詳しい場所や情報は、トロント市のページに載っています。
City of Toronto – Skating

各スケートリンクでは、レッスンも行われています。詳細はこちら!
Learn To Skate

天気によっては氷の状態が良くなくて滑れない日もあるので、出かける前にこちらのウェブサイトでオープンしているかどうかチェックするのがおすすめ!
Outdoor Rink Closures & Service Alerts

公営スケートリンクの中で、個人的に行ってみたい箇所をいくつかチェック。

・靴レンタルあり!ダウンタウンでスケート:ネイサン・フィリップ・スクエア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanchan Kumar(@toronto_explored_by_me)がシェアした投稿

まさにダウンタウンのど真ん中、トロント市庁舎前にあるNathan Phillips Squareスケート靴のレンタルあり。
今季のお値段は以下(2時間レンタル)。

貸靴:12歳以下$10/大人$15
ヘルメット:$5
帽子、手袋:$5

詳しい情報はこちらのウェブサイトにあります。
Nathan Phillips Skate Rentals

・広いリンクが二つ:ウォーレス・エマーソン・パーク


Photo: City of Toronto

Wallace Emerson Parkはリンクが広く、なかなか評判がいいみたい。中心部から少し離れているので、そんなに混んでないかも。
このサイトの情報によると靴のレンタルをしてるっぽいけど、オフィシャルサイトではないので真相は不明。
City Rinks (Toronto)

・地元民に愛される隠れスポット:ジョバンニ・カボト・リンク


Photo: City of Toronto

セントクレアウェストの通り、イタリア街エリアにあるGiovanni Caboto Rink。クチコミもかなりよく地元民に愛されてるスポット。

・落ち着いたロケーション:ラムスデン・パーク


Photo: City of Toronto

地下鉄ローズデール駅すぐ近くにある、Ramsden Park。大きめのスケートリンクがあります。

・コリアンタウンの大きめリンク:クリスティ・ピッツ・パーク


Photo: City of Toronto

地下鉄クリスティー駅の目の前にあるChristie Pits Parkにも、大きなスケートリンクがあります。

・おしゃれエリアのリンク:トリニティ・ベルウッズ・パーク


Photo: City of Toronto

ダンダス・ストリート・ウエスト沿いのTrinity Bellwoods Parkのスケートリンク。買い物のついでにいいかも。

・スケート・トレイルがある公営リンク一覧


Photo: City of Toronto

野外の道を颯爽と滑れる、スケーティング・トレイルがある施設もあります。以下一覧!

College Park地図
Colonel Samuel Smith Park地図
Dieppe Park地図
Greenwood Park地図
McCowan District Park地図
Rennie Park地図

気持ちいいだろうけど、途中でバテたら戻るの大変そう・・・💦

靴が借りれるその他の注目スケートリンク

公営以外の注目スケートリンクをピックアップします!靴のレンタルもバッチリ!

・エキシビション・プレイス近くのトレイル:The Bentway

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Bentway 📍Toronto(@thebentway)がシェアした投稿

高速の下を滑走できる、The Bentwayというユニークなスケート・トレイル。2021年度は12月18日(土)オープン!

毎週木曜夕方5時から夜9時までは、スケート靴とヘルメットが無料で借りれます!
ここでは、1月11日から毎週火曜日に無料のスケートレッスンがあるとのこと。参加申し込みはeventbriteのページから。

個人的に絶対行きたいと思っているスポットです🤩🎶

・ユニオン駅すぐ!ユニオン・ホリデーの無料スケートリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

Union Station(@torontounion)がシェアした投稿

ユニオン駅の外では、「Union Holiday」イベントの一環で、銀行TD Canada Trustが主催するスケートリンクが出現!靴のレンタルも無料!

12月12日と19日の日曜は、スケートレッスン開催とのこと。
2022年元旦までの毎週金・土曜(12月25日を除く)の夕方4時から夜9時には、DJの音楽と一緒にノリノリで滑れるUnion Beats Skate Nightsが開催されてます。

詳しくはこちらのウェブサイトから。
Union Holiday Skate

・オンタリオ湖の景色も楽しめるハーバーフロントのスケートリンク

湖の景色が最高な、Harbourfront Centreのスケートリンク!屋外コンサートステージの近くにあります。

今季は、2021年11月22日(月)から2022年3月6日(日)まで開催。スケートレッスンもあり。
靴やヘルメットは有料で貸し出し可能です!

ヘルメット スケート靴 ヘルメット・靴両方
大人 $7 $13 $16
17歳以下 $5 $8 $9
学生 $6 $10 $13

詳しくはこちらのウェブサイトから。
Harbourfront Centre Skating

スケート用具と会場での注意点!

・スケート靴は借りる?買う?

トロントではスケート靴のレンタルをしている場所がちらほらあるのですが、大抵は有料だし慣れない靴を履いて滑るのは結構怖い。しかも、借りるとなると大抵はアイスホッケー靴。

私は秋田出身で、地元に大きな県立スケート場があってよく行ってました。ただ、そこでいつも滑っていたのはフィギュアスケート。
全くもって回転やジャンプをするわけではないのですが、フィギュアの靴に慣れている自分にとって、アイスホッケーの靴で滑ると重心のかけ方が微妙に違っていてかなりスリリングなのです。

そんなんで、先日Kijijiでスケート靴を譲ってもらいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukiko Tsutsui(@yuki_tucciey)がシェアした投稿

何度も滑りに行くなら、自分の足にぴったり合う一足を持ってるのもいいかも。

・手袋、帽子など

スケートするには手袋が必須なので、絶対持っていかなきゃです。
あと大抵のところはヘルメット着用を推奨しているので、ヘルメットを借りない場合は少なくとも帽子を用意した方がいいかと。レッスンを受講する場合は、ヘルメットの着用義務があります。

スケートリンクでのマスクやワクチンパスポートについて

スケート場のコロナの規則に関してまとめると、以下のようになります。

公営のスケート場 その他のスケート場
マスク着用の有無 氷上では屋外、屋内とも着用の必要なし。ただし、トイレなど屋内の公共の場では着用が義務。 会場によって氷上でもマスク着用を義務付けしているところも。
ワクチンパスポート提示の有無 屋外のリンクは提示の必要なし。屋内リンクでは必要。 屋外のリンクは提示の必要なし。屋内リンクでは必要。レッスン受講の場合は提示が必要な場合も。

公営スケートリンクのコロナ規則:A New Way to Play: Recreation During COVID-19

・行く前に必ずチェックすること

最初の方にも書いたけれど、アウトドアのスケートリンクは天候にかなり影響されるので、出かける前に営業しているかどうか必ずチェックしなきゃです!

公営のスケートリンク営業状況:Outdoor Rink Closures & Service Alerts

その他の営業状況は、各会場のウェブサイトを見てね!

 

ああーー!!!早く滑りに行きたい〜〜〜!!!⛸🔥

 


⬇️ランキング参加中!クリックしてくれたらウキっと喜びます!🐵💖⬇️

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

カナダ(海外生活・情報)ランキング

シェア

コメントを残す

TOP