メニュー 閉じる

大統領選と移民局

公開日 2016.11.09 (水) 最終更新日 2021.02.17 (水)

まさかと思っていたことが、現実になりましたね。。。
アメリカ大統領選。

どっちを選ぶかというのも比較的究極の選択だったと思うんだけど、絵に描いたようにバックトゥザフューチャーのビフ政権がリアルに来たかと言う感じです。

カナダ移民局のサイトも、トランプ氏が優位になった時点からダウン。アメリカから脱出してカナダに移民しようとする人達が一気にアクセスしたと見られてるそうで。
CIC カナダ移民局のウェブサイトがダウン!

Canada’s immigration website crashes on election night

そんな中、少し前からカナダの極東ノバ・スコシアのケープ・ブレトン島が移住希望者へのプロモーションをしています。
“Small Canadian town will give Land and Job to anyone willing to move …”

この島に移住して来たら、土地も仕事もあげますよと。
土地いっぱいありますよと。

いずれにしても、今後カナダにものすごい数の移民がさらに増えることは間違いないんだろうと思う。
そしてこの街トロントにはすさまじい数で入ってくるんだろうと。
そうすると、ただでさえ既に移民に溢れかえっていて就職難のこの状況が、尚一層厳しくなるのではと。

男尊女卑で人種差別的な大統領がこれからどういう行動を取っていくのか、そしてそれが隣国カナダと母国の日本にどういう影響を及ぼしていくのか。
この記事に信憑性があると信じたい。
「トランプ氏、真の姿は柔軟なビジネスマン」(2016年11月10日 日経ビジネスONLINE)

社会のいろんな粗を浮き彫りにする起爆剤になるのか、どうなんだろう・・・

ううん・・・

ジャスティン・トルドー、頑張れー。

「カナダ、幸運にも残った“まとも”な先進国」(2016年11月4日 日経ビジネスONLINE)

シェア

関連投稿

4件のコメント

  1. トム(仮名)

    つっちーさんこんにちは。
    日本からコメントします(有休とって一時帰国してます)。

    日本のテレビ局各局、CICのサイトがダウンしてるとか、カナダのある島で移民を歓迎してるとか、いろいろ報道してました。カナダにのある島ってどこだろうと思ったら…ケープブレトン(笑)。僕州民なんですけど(笑)。ノバスコシア州の身分証明証持ってるんですけど(笑)。ってテレビを見ながら突っ込まずにはいられませんでした(笑)。

    まあ凄いニュースですよね。本当にビフだし(笑)。ではまた更新楽しみにしてます。

    • TUCCIEY

      トムさん、日本からコメントありがとうございます!なんと帰国中なんですね!日本どうですか??

      あ、州民の方でしたかw 先取りじゃないですか!その辺日本でも報道されてるんですね。。
      ほんとビフですよね。。。予想に大分反してうまく行けば嬉しいのですが。

      更新。。。。Podcastのことですよね?!主に!がんばりますーーー!!!ごめんなさい

  2. トム(仮名)

    つっちーさん、Podcastのことじゃないですよ?^^ せっかくトロントにいらっしゃるのに家に引きこもってpodcast番組を制作してたらもったいない!せめてマイナス20?30℃になる真冬まではぜひ外出を楽しんで下さいね。Podcastのことがずっと頭にあるのでしたらすみませんでした^^

    • TUCCIEY

      トムさん、返信遅れましたー!あ、普通にブログですか?笑 それも更新しなければ。
      ちょっと今いろいろと頭が回らずPodcastに手が付けられてなくて(^^;) 一日って早いですよね!
      いずれにしてもいろいろ発信頑張ります!懲りずにサイトに遊びに来てください〜!汗

コメントを残す

TOP