メニュー 閉じる

バンクーバーでの一夜 その2

さてさて、ネットカフェを探しに宿を出て歩くこと20分以上。
夜のチャイナタウンは治安が悪いと言うことを全く知らず、向かうはPenderストリート。
こんな道をてくてくと歩く・・・人ひとり通っちゃいない。(ピンボケでごめんなさい)

vancouver.jpg
道行く人に聞きながらやっと目的のネットカフェを見つけると、「Closed」。

Nooooo!!!!!

コンビニに入って店員に別の場所を聞いたけど、そこも見事にClosed。
は~~~、何しにここまで来たんじゃ!!

辺りは確かに見た目ぶっそうだった。頭悪そうな(失礼)ティーンエイジャー達が奇声を上げているし、あちこちで正気を失ったような浮浪者が物欲しげにこっちを凝視している。
でも「ここは歌舞伎町!」と自分に言い聞かせたら、全然大したことなく見えた。
歌舞伎町でも危ない目にあったことってないし。
これが別の国だったらもっと話は違うと思うけど。

そんなわけで歩き疲れただけで宿に戻ったら、受付の兄ちゃんがあたしの荷物全部を持ってロビーの椅子に座っていた。
何事?まさか追い出されるのか??

「ごめん、僕大変な間違いをしちゃったよ・・・君を男部屋に案内してしまった」

そういうことでしたか!
そんなわけで無事女部屋へ移動。うって変わって清潔な部屋になった。

ここの宿はホワイトホースで滞在していた宿と違って大きくて、ほんとにたくさんの人が泊まってる。
だからみんなと仲良くなれるわけじゃないけど、安いし思ったより悪くない。

とりあえず遅い夕食(11時回ってた)食べるかーと思い、ロビーのテーブルに座ってチャイナタウンで買ったサンドイッチを食べ始めた。

するとさっきの受付の兄ちゃんがやってきて、気さくに話しかけてきた。

「どこから来たの?」
「ホワイトホース。オーロラ観てきた」
「そうなんだ!僕はマニトバに自分一人で建てたロッジを持ってて、そこでめちゃめちゃオーロラみたぜ!」

そう言ってそのロッジの写真を見せてくれた。めっちゃよく出来てる!
何者ですか?この人は!

さらに、自転車でアフリカを旅して回ったとか言ってる。

「僕は自由と旅が大好きで、金を貯めてしょっちゅう世界を旅してるんだ!」

ドイツ出身だと言う彼の話はあまりに面白くて、30分以上話し込んでしまった。
自然が好きでカヌーが好きで、なんか知らないけどやたらエキサイティングな人生を送っているらしい。

彼と話していて気付いたら12時を回り、あわててベッドへ戻った。
次の朝は5時に起きてグレハンでネルソンへ行かなくては!

結構楽しい宿じゃんなんて思いながら、もうめんどくさくてシャワーを浴びる気にもなれず、靴だけ脱いでそのままベッドへ。
やっとこの宿を紹介してくれたアフレック似のフレンチに感謝の気持ちが芽生えてきて、心の中で「Thank you!!!」とつぶやきながら寝た。

次の日目を覚まして支度をしていたら、何かが足りないことに気付いた。

ジャケットがない!!

昨夜あの兄ちゃんが男部屋からあたしのジャケットを取り忘れたのだ・・・。

放置しようかなとも思ったけど、ポケットの中にデジカメのバッテリーが入っているのを思い出して、青くなった。
部屋には鍵がかかっているし、こんな朝っぱらからドンドン戸を叩いて起こすのも気が引ける。

どうしよう・・・と途方にくれ、起き始めたその辺の男たちに
「あなた○○号室?」
と聞きまくること数十分。やっとその部屋に泊まっている人を発見!

はー、よかった。。

まだ開いてない受付のポストに鍵を返し、無事宿を出た。
結局、明るいバンクーバーの街を見ることもなくバスに乗る。

これから約12時間かけて、次の目的地ネルソンへ!
どんな出会いが待っているんだろう・・・

夜明け前のセントラル・バスステーション(正式名:パシフィック・セントラル)。

シェア

関連投稿

4件のコメント

  1. SedoNa

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。楽しく読ませてもらいました♪
    ワタシも昔、ワーホリではないんだけどカナダ・アメリカを一人旅していたので、その時の事がとっても懐かしいです!
    始めはバックパッカーで、次はバイクで。
    安宿は楽しい出会いと、楽しいハプニングも多いけど、
    危険も一杯です。楽しみながら気をつけてくださいね。

    東部にも行くのかな?
    西もいいけど、東もいいよ。
    またお邪魔します。

  2. 旅の客人ガイド日記。

    「オマエはゲイツアーのガイドか?!」

    ガイドしてるといろんな場面で冷や汗をかくことが多い。でもあの時は、ほんと嫌な汗かいた。アメリカ大西部ツーリングの参加者は男ばっかり10人。ハーレーで無事にロサンゼルスに戻り、その日の夜は最後の晩餐。パーティーパーティー!とレストランのセッティングをするこ

  3. つっちー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    SedoNaさん
    コメントありがとうございます!
    東も行きます。前回の旅行で気に入ってしまって。
    そちらのホームページも、いいですね!
    また遊びに行きます。

コメントを残す

TOP