メニュー 閉じる

ユーコン・サワドー・ランデブー!!

公開日 2005.02.26 (土) 最終更新日 2021.02.09 (火)

フェスティバルが始まりました!
ユーコン州一年に一度のお祭り、Yukon Sourdough Rendezvous!

一応木曜から始まっていたんだけど、本番は土日。
メインストリートはいろんなイベントで盛り上がってる。

設置されたテント内では地元のバンドがライブをしていたり、
ケベックからはメープルシロップキャンディーを売りに来ていたり、
単純すぎてかなり笑えるコンテストが開催されていたり。

すっごい笑ったのが、Dog Howling Contest。
文字通り、犬が遠吠えするのを競うコンテスト!
一匹ずつ人の輪の中に登場し、スタートの声と同時に吠えるのだ。
と言うより飼い主が何とかして吠えさせるのだ!

howling.jpg

犬より周りのギャラリーが吠えてるじゃん!と突っ込みたくなった。
優勝したのは写真の犬。
ご主人の吹くハーモニカに合わせて歌うように「わお~ん♪」って吠えてた。
あーーー、かわいい!かわいすぎる!!

他には小麦粉を詰めた袋をかついで歩くという女だけのコンテスト(1,100ドルの賞金あり!)や、チェーンソー投げコンテスト(ありえない)などなど!
まき割りコンテストなんかもあったな。
wood.jpg

この寒い中かなりの盛り上がりようで、あーーなんて平和なんだここは、って思ったりした。

夜のメイン・イベントは、バーで行われたダンス・コンテスト!
宿の仲間とGO!

なんか良くわからないんだけど、エントリー者がふざけた変なダンスをして競うというもの。
このサワドー・フェスティバルにちなんだ「サワドー・サム(Sourdough Sam)」と呼ばれるknightと評される人を決めるコンテストもあった。
正直サワドー・サムってなんなのかよくわからないんだけど、どこの国もアホやるのは同じで、ダンスコンテストではおじちゃんがストリップやったり、
「サワドー・サム」をもじって「サムライ・サム」とか言って、男の子が白の全身タイツにチュチュつけて刀らしきものを手に踊ったりしてた。
「バンザーーーイ!!」とか言って・・・どこがサムライだっての。

バーではゴム手袋を頭からかぶって膨らませて割るってゲームも。
やることたぁー一緒だ・・・
baloon.jpg

このフェスティバルは、1962年から始まったのだそう。
詳しい由来はよくわからないんだけど、とにかく街全体が楽しくなってる。

面白かったのが、募金活動。
ストリートの人たちへの募金としてガーターリボン(というかゴム)を$2で買うんだけど、それを身につけていない人はフェスティバルの警官に捕まるのだ。
檻に入れられて取り囲まれ、ジョークを2つ言わないと帰してもらえないとかどうとか。
最初見たとき、何が起こってるのかわからなくてかなりギョッとした。

英語がもっとわかったらフェスティバルが数倍楽しいのに~!ってつくづく思います。

シェア

関連投稿

コメントを残す

TOP